「本音はバレる」…高橋ひかるが「ありのままの自分」でいられるようになった「人生の気づき」とは?
お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

1月15日(土)放送のお客様は、女優・髙橋ひかるさん。ここでは、これまでの人生で見つけた一番の「エウレカ(発見・気付き)」について語りました。


髙橋ひかるさん



髙橋さんは、2014年に「第14回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを獲得し、芸能界デビュー。2016年には映画初出演作「人生の約束」にてスクリーンデビューを果たします。2019年からは女性ファッション誌「Ray」(主婦の友社)の専属モデルも開始。2022年はWOWOWオリジナルドラマ「青野くんに触りたいから死にたい」、実写映画「おそ松さん」の出演が決定! 関西弁を活かした鋭いツッコミで、バラエティ番組でも活躍中です。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」1月15日(土)放送ゲスト:髙橋ひかるさん



◆「ありのままでいていいんや」

川島:これまでの人生で見つけた一番のエウレカは何ですか?

髙橋:このお仕事を始めたのは、人生ですごく大きな出来事でした。インタビューやバラエティに出させていただいて思ったことは、「気付かないことや知らないふりをするときの、嘘をついてはいけないタイミングの難しさ」です。真実を伝える大切さもありますけど、ときには嘘の表現も必要といいますか……。

川島:難しい話ですね。

髙橋:本当は知っているけれど、「ここは知らんふりをしておこう……」と判断される方っていらっしゃると思うんですよ。

川島:優しい嘘ね。

髙橋:はい。でも、「それっていいんかな……?」って思ってしまうところがあったんです。なので、最近は自分にも嘘をつかないし、「ありのままでいていいんや」って気付けました。これまで、それこそ芸能界に入る前から、自分の本音は隠してきていたんです。

川島:なるほど。

髙橋:このお仕事を始めて「本音ってバレるんや」って気付きました。

川島:すぐバレるんですよねえ。

髙橋:そうなんですよ。この業界には、“見る目がある人”が多すぎます。

川島:嘘と演出のバランス、難しいですよね。

髙橋:はい。ただ、「素直にいてもいいんだ」ってことを知れたのは、人生で一番のエウレカですね。


今年1月10日(月・祝)に新成人を迎えた髙橋さんの振り袖姿



▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も配信中です。

次回1月29日(土)の放送もお楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/