阿部寛が主演を務める日曜劇場『DCU』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第2話が、1月23日に放送される。

本作は、水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台にしたオリジナルドラマ。海上保安庁に新設されたスペシャル集団が“水中未解決事件を解明すること”をミッションに、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫る。

第1話は、海上保安庁に「潜水特殊捜査隊」・通称「DCU」が発足するところからスタート。隊長となった新名正義(阿部)のもとに、海保のエリート・西野斗真(高橋光臣)、女性初の潜水士となった成合隆子(中村アン)、そして過去に水難事件で新名に命を救われた瀬能陽生(横浜流星)が集まってくる。

そんなDCUが発足と同時に捜査に向かったのは、群馬県のダム湖。大型台風によりダム湖内から頭蓋骨の破片が浮上してきたのだ。その後事件を解明するため、タッグを組んだ新名と瀬能が暴風雨の中ダムに潜る熱演に、ネット上では関連ワードがトレンド入りするほどの注目が集まった。

<第2話あらすじ>

新たな事件が起こり、DCUのメンバーは変死体が発見された石川県・北能登の港へ向かう。殺害されたのは密漁者と戦う地元漁師のリーダーで、漁師たちが「犯人は密漁グループの連中に違いない」と騒ぎ立てるなか、新名正義(阿部)は地元刑事の坂東秀喜(梶原善)の助力を得て捜査に乗り出す。

遺体が発見された場所には水産物の研究所を建てる計画があり、ロシアから政府高官が視察に来ることになっていた。5日以内に事件を解決するよう命じられた新名は、さっそく西野斗真(高橋)たちに日本海に沈む遺留品を探すよう指示を出していると、現場に地元の市議会議員・岡部正三(古田敦也)が現れる。

その一方で坂東と共に陸を捜査する新名と瀬能陽生(横浜)は、被害者の下で技能実習生として働いていた外国人たちに聞き込みを開始。やがて、排他的な地元民と外国人技能実習生の実態が浮き彫りになり、事件は思いもよらない方向へと進んでいく。