西島秀俊が主演を務める『真犯人フラグ 真相編』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第13話が、1月23日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同番組は、企画・原案の秋元康と『あなたの番です』制作スタッフが手掛ける完全オリジナル新作ミステリー。

前回第12話では、相良篤斗(小林優仁)​の病室で遭遇した菱田朋子(桜井ユキ)とバタコ(木幡由実/香里奈)の白熱したアクションバトルシーンに「武闘派なのは意外」「華麗過ぎ」とコメントがあがっていた。

<第13話あらすじ>

バタコ(香里奈)に渡されたお茶にはフグ毒が混入されており、相良凌介(西島)は意識不明の重体に陥る。ICUの前で取り乱した日野渉(迫田孝也)を河村俊夫(田中哲司)がなだめていると、二宮瑞穂(芳根京子)と橘一星(佐野勇斗)も駆けつける。テトロドトキシンの毒性は強く、危険な状態。果たして、凌介の運命は――?

防犯カメラに立ち去るバタコの姿は映っていたものの、院内に彼女を知る者はおらず、毒を盛って逃げた女は何者なのか、捜査は難航。阿久津浩二(渋川清彦)と落合和哉(吉田健悟)は、篤斗が事件当日に乗った白い車を追って、宗教団体「かがやきの世界」を訪れる。輪になって踊る信者の中には、ぷろびん(柄本時生)たちが紛れ込んでいた。阿久津は教祖(相築あきこ)に、凌介を狙ったバタコの写真を見せ、その反応に違和感を抱く。

一方、一星の会社「プロキシマ」では瑞穂の依頼で、バタコが最後にかけてきたクレーム電話を解析。その音声から、瑞穂と一星は、バタコが失踪事件に関わっていると確信する。しかし、分かるのは声のみで、顔が特定できない。

そんな中、何かに怯える菱田清明(桑名愛斗)を心配した望月鼓太朗(坂東龍汰)は、菱田朋子(桜井)の怪しい行動を目撃し、瑞穂に相談。瑞穂が “アフロディーテの下僕”が鼓太朗でないことを確かめると、そのアカウントを見た鼓太朗は太田黒芳春(正名僕蔵)ではないかと言う。そこに、太田黒が現れて……!?

教祖の態度がひっかかる阿久津は、相良篤斗(小林)から話を聞くことに。バタコの写真を見せると、篤斗は思いがけない反応を示す。