PRADA×adidas、約15万円の“サステナビリティ”を追求したコラボスニーカーが発売
モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、1月10日(月・祝)~1月14日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。

吉田明世、ユージ

◆6割が防犯対策せず

キャンプブームで問題になっているのが盗難被害。なかには、テントごと盗まれたケースもあるそう。キャンプ・アウトドアメディア「TAKIBI」の調査では、59%のキャンパーが防犯対策を講じていないことがわかっています。

ユージは、「本来、キャンプは自然のなかだから、熊やイノシシなどの動物に気をつけなければいけないことは念頭にあるかもしれないけど、人里離れた自然の空気を味わいに行っているのに、人間を気にしなきゃいけないなんて切ない。(盗難は)やめてほしい」と話しました。

◆1,000万円

サッカーの第100回 全国高校選手権大会で準優勝の大津高校の今回の躍進は、ある意味では「想定外」でした。滞在延長に伴う資金不足の懸念を受け、賛助金の呼びかけを行ったところ、全国各地から支援が殺到し、大会関係の宿泊費の補充予定を上回るおよそ1,000万円もの寄付金が集ったそうです。

中高生時代にサッカー部に所属していたユージは、「スパイクがなかなか買い替えられなくて、穴が空いてもしばらく使っていた思い出がある」と当時を回顧。そして、大津高校に多くの寄付金が集まったことに、「よかったです」と安堵していました。

◆8年かけて開発

触ると悪臭を放つカメムシを簡単に捕まえられる専用の捕獲器を、島根県出雲市の木材会社「浜村木材」の浜村拓志さんが8年の歳月をかけて開発。ニッチな商品でありながら、発売からおよそ3ヵ月で200本弱が売れているそうです。

そもそもの開発のきっかけは、浜村さんの奥さまが秋になると自宅に現れるカメムシが大の苦手だったから。しかし、開発に8年もの歳月を費やしている間に、奥さまは自力でカメムシを捕獲できるようになったようで、ユージは「確かに、カメムシが出る状況で8年も暮らしていたら、そりゃあ慣れるよね(笑)」と感想を口にしました。

◆初回17.3%

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が1月9日(日)に初回放送を終え、平均世帯視聴率は17.3%でした。放送開始前から期待が寄せられていた作品で、同じく三谷幸喜さんが脚本を手がけた2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」を超えるブームとなるか注目されています。

主演の小栗旬さんをはじめとするキャスト陣に、ユージは「なんと言っても出演するキャスト陣が豪華。ラインナップを聞くだけで“観ないわけにはいかないでしょ!”というぐらいに素晴らしいメンバー」と話し、今後の展開に期待を寄せていました。

◆15万円のスニーカー

イタリア、ミラノのラグジュアリーブランド「PRADA」とドイツ発祥のスポーツブランド「adidas」のコラボコレクション第3弾が、1月13日(木)にリリースとなり話題に。サステナブル素材の「リナイロン」を採用したホワイトとブラックのカラー展開で、「ADIDAS FORUM HIGH(アディダス フォーラム ハイ)」が15万2,900円で、「ADIDAS FORUM LOW(アディダス フォーラム ロー)」が11万6,600円となっています。

“スニーカー好き”で第2弾を所有しているというユージは、今回のラインナップに「環境のことも配慮しつつ、好きな人がファッションを楽しめるのはいいんじゃないかと思う」と話していました。

<番組概要>

番組名:ONE MORNING

放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00

パーソナリティ:ユージ、吉田明世

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/