モテクリエイター・ゆうこす “憧れの人物”の名前を新オフィスのブース名に採用!? 内田理央も驚き
TOKYO FMの番組「Qoo10 presents 内田理央の明日、なに着よ?」(毎週金曜 18:30~19:00)。女優・ファッションモデルとして活躍する内田理央が、リスナーとの交流やゲストとのトークを通じて、等身大の「今」を発信する番組です。1月21日(金)の放送は、モテクリエイター・ゆうこすさんがゲストに登場。“モテクリエイター”の仕事について語ってくれました。


ゆうこすさん、内田理央



◆「モテクリエイター」ってどんなお仕事?

ゆうこすさんはアイドルグループ・HKT48脱退後、自己プロデュース続けながら「モテクリエイター」の肩書を作り、自ら起業。SNS発信をしつつ、洋服やコスメのプロデュースをするなど、多岐にわたって活動をしています。

内田とゆうこすさんは何度か顔を合わせたことはあるものの、対面でしっかり会話をするのは今日が初めて。内田が「『モテクリエイター』って肩書は誰が考えたんですか?」と質問すると、「自分で考えました」とゆうこすさん。

ゆうこすさんは「お母さんの産道から出てきた瞬間に“ぶりっこ”だった」と自称するほど、子どもの頃からアイドル気質だったと言います。

「ずっとぶりっこで育ってきたんですけど、『モテたい』気持ちを発信していたら、それが動画作りや写真作りになっていって、『もはやこれはクリエイターじゃん!』と思って、モテとクリエイターを組み合わせて『モテクリエイター』と自分で呼ぶようになりました」と、今ではすっかりおなじみになった肩書を自らにつけるまでの経緯を話しました。

内田も「今は(SNSやYouTubeで発信できる時代なので)、みんながそれぞれ“クリエイター”って意識はあるけど、その当時は本当に珍しかったよね!」と、今から7年ほど前に“モテクリエイター”として活動を始めたゆうこすさんの先見性に驚いていました。

◆ゆうこすが憧れる人物は?

ゆうこすさんに憧れの人物を聞くと、アメリカの実業家・モデルとして知られるカイリー・ジェンナーさんの名前が挙がりました。

「自分の名前を冠したコスメを出したり、発信の仕方がかっこよかったり、私もいつかカイリー・ジェンナーみたいになれたらいいなって思います」と話すゆうこすさん。そんな思いから、昨年引っ越した新オフィスの電話ブースに「KYLIE(カイリー)」と「JENNER(ジェンナー)」の名前をつけたことを告白。

内田は「えぇ!? じゃあ『このあと「カイリー」の部屋を使います』みたいな感じで、スタッフとやり取りするってこと?」と驚くと、「ライバル意識として、常に『カイリー・ジェンナー』の名前を見ておこうと思ってつけました(笑)」と、その理由を明かしました。

この話に内田は「確かにずっとその名前が目に入ると、意識するかも!」と、ゆうこすさんの意識の高さに感心していました。

◆ガーリーに着こなせるマウンテンパーカー

番組では、ネットショッピング好きの内田が、“明日着たい”と思う商品をネットサーフィンして“ポチる”コーナー「今日のりおポチ」も。季節やトレンドに合ったファッションを紹介します。

今回、紹介したのは「バックフリルマウンテンパーカー」。


バックフリルマウンテンパーカー



一見シンプルなデザインですが、バックにフリルがあしらわれたガーリーなテイストのマウンテンパーカー。普段の服装はガーリーなものが多いと言うゆうこすさんは、「マウンテンパーカーはあまり着なかったんですけど、これはフリルがついてるから着やすそう!」とコメント。

やわらかさを感じさせるデザインに内田も「ワンピースや花柄アイテムにも合わせやすそうだね! 春にはもってこいのアイテムです」と、“アウトドア感”が出すぎない一面を高評価。

ゆうこすさんにどう着こなしたいかを聞いてみると、「もうすぐ春なので、花柄のワンピースと合わせてピクニックに行きたいです」との返事が。内田も「確かに(外で)ちょっと肌寒いときにこれが1枚あったらいいよね!」と、春先のピクニックにおすすめだと話しました。

番組では、他にもゆうこすさんが現在開発中のコスメについて話す場面も。音声サービス「AuDee」と「Spotify」では、番組のアフタートークも配信予定。ぜひチェックしてみてください!

<番組概要>
番組名:Qoo10 presents 内田理央の明日、なに着よ?
放送日時:毎週金曜 18:30~19:00
出演者:内田理央
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/nanikiyo/