『ダイの大冒険』第66話、光るのか、ポップのアバンのしるし!

2020年10月3日より毎週土曜日朝9時30分から放送中のTVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』、第66話のあらすじ&先行場面カットが公開された。

アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の原作は、原作・三条陸、漫画・稲田浩司、監修・堀井雄二による同名の漫画作品。原作は、大人気ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの名を冠する初の長期連載漫画として、1989年に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした。勇者に憧れる少年・ダイとその仲間たちが織りなす冒険ファンタジーだ。

1991年に一度アニメ化されており、今回は約30年ぶりに完全新作となって再びアニメーションの世界に戻ってきた。

第66話、ヒュンケルとクロコダインは救出された。そしてダイたちはミナカトールに儀式に!

放送は1月29日から。あらすじ、先行場面カットはこちら!

<第66話 「五色の光」>

ついに五人のアバンの使徒が集結した。ミストバーンはミナカトールを阻止するために向かい来るが、彼の前にはロン・ベルクが立ちはだかる。

クロコダインたちもミナカトールの成功を信じ、大量のモンスター相手に立ち向かう。

エイミもさまざまな想いを託してヒュンケルに蘇った鎧の魔槍を手渡した。

仲間たちの奮闘に報いるべく、アバンの使徒たちはいよいよミナカトールの儀式に取り掛かる。

だが、ポップだけは未だ不安を拭えずにいた……。

>>>『ダイの大冒険』第66話の先行カットを全部見る(画像5点)

<第66話スタッフ>

脚本:千葉克彦  絵コンテ:西村聡  演出:三木琴絵

作画監督:袴田裕二  美術:藤井綾香 

総作画監督:山岡直子

(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.