5周年を迎えるTHE RAMPAGE、デビュー前のある出来事に乃木坂46山崎怜奈ビックリ!
乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。1月19日(水)の放送では、メンバー16人からなるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEから陣さんと山本彰吾さんをゲストに迎えて、お送りしました。

(左から)山本彰吾さん、パーソナリティの山崎怜奈、陣さん

1月25日(火)にニューアルバム『RAY OF LIGHT』をリリースするTHE RAMPAGEは、その日でちょうどメジャーデビュー5周年。メンバー16人だからこそできたことを聞いてみると、山本さんはデビュー前のある出来事を明かします。

それはグループを結成して1年ぐらい経った頃のこと。「いろいろな大人の方々に『アーティストとしての自覚が足りない』、『まだデビューはさせられない』と言われ、活動休止の期間がありました……」と山本さん。

その後、メンバー全員で携帯電話も使えない山の中での合宿で、2週間籠ることに。そして、「そのときにみんながいなかったら。もっと人数が少なかったり、メンバーが違う人たちだったら、きっと逃げ出していた」と振り返ります。

それを聞いたれなちは、「LDH(THE RAMPAGEの所属事務所)って、以前も別のグループの方が『オーディションが修行みたいだった』と仰っていました!」と思い返すと、陣さん、山本さんともども「そうです、そうです」と納得の様子。陣さんは「たぶん僕らは、いち早くデジタルデトックスをやっていたよね(笑)」と笑顔で語ります。

また、この5年間で変わったこと、変わらなかったことを陣さんに聞いてみると、変わったことは「仕事に対する責任感」。THE RAMPAGEは、陣さんとLIKIYAさんの2人でリーダーをつとめていますが、陣さんはメンバー全員に「各自の仕事はリーダーとしての自覚を持ち、グループの代表として向かう気持ちで行ってほしい」と絶えず話し続け、今はみんなそうした気持ちが芽生えたと言います。一方で、変わらないのは関係性。「普通にふざけ合ったりしてますし、楽屋は男子校みたいな感じで、もうすごいですよ(笑)。それは変わらない」と話します。

また、趣味でロックダンスを踊っているというリスナーからは「踊るときに気をつけていることは?」という質問が。これに山本さんは「僕らはパフォーマーという職業なので、自分のダンスでどう思ってほしいか、なにを伝えたいかを意識している」と言いつつ、「それは技術を超えるものだと思うので、そこを大事にすると、もしかしたらより素敵なダンスが踊れるんじゃないかと思います」とアドバイスしていました。

<番組概要>

番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。

放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55

パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/