マンガ好きが選ぶ『2022年に読み続けたい、連載中の長編マンガ』!

凸版印刷のグループ会社である、BookLiveが運営する総合電子書籍ストア「ブックライブ」において、マンガ好きの会員4712名を対象にした「 ”長編マンガ” に関する意識調査」が行われ、その結果が発表された。

今回発表されたのは、「2022年に読み続けたい、現在連載中の長編マンガ」「2021年に完結した長編マンガで、好きな作品・思い入れのある作品」ランキングや、まとめ読みの動機や ”途中離脱” の理由など、読者の行動・傾向も調査。気になるランキングや、マンガ好きのホンネが見える調査結果を早速見ていこう!

◆「2022年に読み続けたい、現在連載中の長編マンガ」1位は『薬屋のひとりごと』!

「2022年に読み続けたい、現在連載中の長編マンガ作品は?」(3つまで複数回答可)という質問をしたところ、1位に輝いたのは『薬屋のひとりごと』。大人気ノベルのコミカライズで、中世の宮中で下働きをする少女・猫猫(マオマオ)が持ち前の好奇心と薬学の知識で謎を解いていくミステリーだ。ブックライブ読者が選ぶ「本当に面白いマンガベスト100ランキング」でも、2020年・2021年と2年連続で5位以内にランクインしている。

2位は『呪術廻戦』。2020年のアニメ化をきっかけに男女問わず人気となり、ブックライブのランキング上位に定着している。呪術+身体能力、というバトル要素に加え、各キャラクターたちの魅力についても語る声が多く届いた。

3位は女性を中心に人気の『暁のヨナ』。2009年から続くロングラン連載で、古代アジアをモチーフにした壮大なストーリーが数多くの読者を惹きつけている。

他にも4位の『赤髪の白雪姫』や5位の『虫かぶり姫』と、女性向けのファンタジックな作品が複数上位にランクインした。

>>>そのほかの調査ランキングや書影を見る(写真11点)

<調査概要>

・調査タイトル :「長編マンガ」に関するアンケート

・調査方法:ブックライブ会員に対してアンケートメールを送付。フォームより回答 ・有効回答数: 4,712 名

・調査時期:2021年12月7日〜12月9日

※本調査内では、単行本で5巻以上連載が続いているマンガ作品を「長編マンガ」として定義している。

※総合電子書籍ストア「ブックライブ」調べ

◆「2021年に完結した長編マンガ」人気1位は『進撃の巨人』!

2021年は、数多くの人気長編連載マンガが完結した年だった。そこで、「2021年に完結した長編マンガで、好きな作品・思い入れのある作品は?」(2021年に完結巻が配信された作品が対象、3つまで複数回答可)という質問をしたところ、1位は『進撃の巨人』だった。社会現象級となったヒット作品がいったいどのような結末を迎えるのか、約11年半にわたる連載を追い続けてきた多数のファンから注目が集まった。

2位は、『ヲタクに恋は難しい』。アニメ化に加え、実写映画化によって「現代のオタクの生態」を世に知らしめた作品となり、オタクな読者がつい共感してしまうシーンも多数。主人公たちを「理想のオタクカップル」として称賛する声が多数届いた。

3位は『あせとせっけん』。とあるコンプレックスを持つ地味OLと、同じ会社の商品開発担当、不器用な社会人2人のラブコメディ。その不器用ぶりと心温まるやりとりがSNSでも話題となり、男性向け作品ながら女性読者からも好評を博した。

<調査概要>

・調査タイトル :「長編マンガ」に関するアンケート

・調査方法:ブックライブ会員に対してアンケートメールを送付。フォームより回答 ・有効回答数: 4,712 名

・調査時期:2021年12月7日〜12月9日

※本調査内では、単行本で5巻以上連載が続いているマンガ作品を「長編マンガ」として定義している。

※総合電子書籍ストア「ブックライブ」調べ