『魔神英雄伝ワタル』メモリアルムービー&Prism座談会公開!

アニメ『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸 ―再会―』の大ヒットを記念して、メモリアルムービーが公開。さらに、『Prism』作詞・作曲の草野華余子&田中真弓&伊倉一恵の座談会も公開となった。

『魔神英雄伝ワタル』は、1988年にスタートしたサンライズ製作のアニメ。1990年に『魔神英雄伝ワタル2』、1997年の『超魔神英雄伝ワタル』と次々に新作が放送され、昭和から平成そして令和へと、まさに時代を越えて愛されるシリーズとなった。

シリーズ最新作『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』は2020年4月に配信開始され、主人公の戦部ワタルやその仲間たちの声を放送当時のキャストが引き続き出演することや、当時と変わらぬ楽曲が使用されたオープニング/エンディングなども話題に。

2022年1月7日(金)からは『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸 ―再会―』が3週間限定で劇場イベント上映中だ。

この度、現在上映中の『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸 ―再会―』のオフィシャルイメージソングである『Prism』を使用したスペシャル映像「『魔神英雄伝ワタル』メモリアルムービー」が公開!

こちらの映像は『Prism』にのせて過去の『魔神英雄伝ワタル』『魔神英雄伝ワタル2』『超魔神英雄伝ワタル』の名場面から最新作『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸 ―再会―』につながっており、『魔神英雄伝ワタル』シリーズのファンにはグッとくる映像に仕上がっている。

『Prism』は主人公・戦部ワタル(いくさべわたる)を演じる田中真弓さんと、虎王を演じる伊倉一恵さんによる30年ぶりのデュエットキャラクターソングで、作詞・作曲はワタルシリーズをはじめサンライズアニメの数々を愛するシンガーソングライター・草野華余子さんが手掛けている。

『Prism』のリリースを記念した3人の座談会も、「サンライズワールド」特集ページで公開となった。

オフィシャルイメージソング『Prism』は、『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸 ―再会―』でも描かれているワタルと龍神丸との絆や虎王との友情などがモチーフとなっており、ワタルと虎王による2人の掛け合いや美しいハモリが特徴的な楽曲。各社サブスクリプションサービスにて配信されている他、劇場で発売されている『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸 Blu-ray Complete BOX』の特典CDに収録されている。

また、CD限定で『Prism(Instrumental)』に加え、ワタルのボーカルのみの『Prism ワタルと歌おうVer.』、虎王のボーカルのみの『Prism 虎王と歌おうVer.』の3音源が収録され、キャラクターとデュエットしたり、ハモリの練習をしたり、2台以上の端末で同時に再生しキャラクターに挟まれているような環境で視聴できたりと、『Prism』をじっくり楽しみながら聴くことができるようになっている。

30年以上愛されるワタルシリーズの映像と、令和に響く2人のハーモニーをぜひ堪能あれ!

>>>『Prism』ジャケットや座談会写真などを見る(写真7点)

(C)サンライズ・R