『大怪獣のあとしまつ』公開記念!衛星劇場×東映チャンネル特撮映画一挙放送!

松竹ブロードキャスティングが運営するCS放局「衛星劇場」と、東映衛星放送が運営するCS放送局「東映チャンネル」にて、2022年2月4日に全国公開される映画『大怪獣のあとしまつ』 の公開を記念して、2チャンネルの共同企画として特撮映画を特集放送することが決定した。

映画『大怪獣のあとしまつ』は監督に三木聡を迎え、山田涼介、土屋太鳳、濱田岳、オダギリジョー、西田敏行らが出演する、「怪獣の死骸処理」を引き受ける者たちの姿を描いた物語。

普段描かれる機会が少ない「怪獣の後始末」にフィーチャーされており、松竹と東映による初の共同製作作品で、2022年2月4日に全国公開される。

そんな本作公開を記念して、衛星劇場×東映チャンネルで特撮映画の特集放送が決定した。

衛星劇場では「松竹特撮映画の世界」と題して、松竹初の本格的特撮映画『宇宙大怪獣ギララ』をはじめ4作品が、東映チャンネルでは「東映特撮映画の世界」と題して、石ノ森章太原案・深作欣二監督である大作『宇宙からのメッセージ』をはじめとした6作品が放送される。

また両チャンネルでは映画『大怪獣のあとしまつ』のメイキングやキャストのインタビューを収録した公開記念特番の放送も決定した。

☆特集映画のイメージをみる(写真11点)>>> 

(C)1967松竹株式会社

(C)1968松竹株式会社

(C)東映・東北新社

(C)東映

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会