久能整(菅田将暉)、熊田翔(永山瑛太)

菅田将暉が主演を務める月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第2話が、1月17日に放送される。

田村由美による累計発行部数1300万部突破の大人気同名コミックが原作の本作は、菅田演じる天然パーマがトレードマークの主人公・久能整が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく令和版・新感覚ミステリー。

第1話では、自宅近くで起こった殺人事件の容疑者となった整のもとを大隣署の刑事・薮鑑造(遠藤憲一)と池本優人(尾上松也)が訪れ、取り調べを受けたことをきっかけに、淡々と無罪を主張する整と、薮や池本をはじめとする大隣警察署の面々とのあいだに不思議なつながりが生まれる……というストーリーが展開。また、ネット上では殺人事件の真犯人に驚きの声が多数寄せられ、「予想外」「まさかのヘビーな展開」とのつぶやきがあった。

そしてラストには、永山瑛太演じる熊田翔が登場。熊田は大学の研究室に勤めている青年で、整が乗ったバスに居合わせるが、直後に2人が巻き込まれるバスジャック事件に関わる重要な人物という役どころとなる。

<第2話あらすじ>

美術館に行くため久能整(菅田)が乗った路線バスがジャックされた。乗客に名前を尋ねる犯人に、整は逆にバスジャックの目的と名前を聞く。すると犯人は犬堂オトヤ(阿部亮平)と名乗るが、目的はそのうちわかると教えなかった。

その頃、大隣警察署には連続殺人事件の捜査本部が設置されていた。新たに4体目の遺体が発見されたが、被害者に共通点はなく、容疑者の目星すらつかない状態。青砥成昭(筒井道隆)や池本優人(松也)らが忙しく動く中、風呂光聖子(伊藤沙莉)は捜査に加わらせてもらえない。そんな時、風呂光は後輩警官からバスジャックの報せを受け、青砥たちに報告する。しかし、付近の路線バスや観光バスは問題なく運行しているため、ただのイタズラだと相手にされない。

整の乗ったバスは公園に停まり、オトヤは乗客たちを1人ずつトイレに行かせる。真っ先にトイレに向かわされた整は外部に連絡する方法を考え、池本から連絡先を知らされていたメモ用紙に現状を書いて、犯人たちに見つからなさそうな場所に置いた。

再びバスが走り出すと、整がオトヤを理詰めにして怒らせてしまう。逆上したオトヤはナイフで切りかかるが、乗客の熊田翔(永山)が整をかばう。すると、乗客の坂本正雄(久保田悠来)がオトヤを殴り倒し、乗客たちは安堵するが、坂本は落ちたナイフを乗客たちに向ける……。