【STIがEVでニュル1ラップ400秒を目指す】オートサロン2022で4モーター個別駆動制御の「STI E-RA CONCEPT」を世界初披露。その先にあるものとは

スバルテクニカインターナショナル(STI)は2022年1月14日、東京オートサロン2022会場内のスバル/STIブースで、近未来のモータースポーツEVのコセプトモデル「STI E-RA CONCEPT」を世界初披露した。

 

【画像】シビれるフォルムに期待大!ニュルタイムアタックマシン「STI E-RA CONCEPT」

低く構えたそのシルエットはいかにも早そう……。その実、環境負荷低減を図るカーボンニュートラルな時代においてのモータースポーツの未来を見据えて開発を進めているモータースポーツEVであるという。

 

この車両は、新たなモータースポーツの世界で新しい技術の経験と修練を積むことを目的に立ち上げられたプロジェクト「STI E-RA CHALLENGE PROJECT」により生まれたもの。

 

「E-RA」はElectric Record Attemptの略で、STIのDNAである「記録への挑戦」の意味を込めて名付けられたという。

 

「STI E-RA CONCEPT」は、2022年に国内サーキットを含む走行実験を重ねた後、2023年以降にニュルブルクリンクサーキットでのタイムアタックを実施予定。そこでラップタイム400秒(6分40秒)に挑戦することを最初の目標としているという。

 

気になるのはその性能。STIによると、「走りの愉しさ」や「絶対的な安心感」といったスバルらしさをより際立たせるために、スバルの強みである全輪制御技術の知見を活用。システム出力は何と800kW(1088馬力)にもなるという、これを新たに採用する独自の4モーター4輪トルクベクタリング技術で制御。そう、各輪個別にモーターを搭載した全輪駆動車なのだ。

 

モーターにはヤマハ発動機から供給されるハイパーEV向けギヤとインバーターを一体化した高回転高出力タイプを採用。

 

独自のトルクベクタリングシステムは“走りの愉しさ”にこだわり、ドライバー志向の制御で4輪それぞれのグリップ限界までバランスを均等化。グリップレベルを最大限に引き上げ、車体の姿勢を安定させる技術だ。

 

最大限の効果を得るため、車輪速、車速、舵角、G、ヨーレート、ブレーキ圧、輪荷重などの各センサーからの信号をリアルタイムに計算。スタビリティの最適化を図った駆動制御トルクを各輪のインバーターに指示することで、荷重移動に伴った最適な駆動トルクを4輪に伝えられるのだ。

 

ちなみにモーター(駆動ユニット)は各輪ともドライブシャフトでホイールとつながる。ばね下重量増はないという。

 

近い将来のモータースポーツEVでは、スバル/STIが培ってきたシンメトリカルAWD技術がさらに進化。4輪を個別に駆動する独立モーター駆動ならではの路面に吸いつくような走りを実現するであろうことが想像できるのではないか……。

 

1000馬力超のシステム出力を持つモーターへの動力源は、蓄電量60kWhのリチウムイオンバッテリーから供給される。直近の目標であるニュルのラップタイム400秒を狙うには少なめと感じるのだが。

 

その点を関係者に確認すると、速く走るには車体の重量増を抑えることも必要で、バッテリー重量は少しでも軽い方が有利だという。そこで、最大の効果を得られる最低限の容量をはじき出したのが60kWh。ニュルのコースを全開で一周、走り切れると見ている。基本、一発勝負だ。

 

今回の展示車両はまだデザインスタディモデルで、パワートレーンは実装されていない。もちろん実走試験はこれからなので、走り出せばさまざまな課題も見えてくるだろう。

 

少し気が早いが、その先の展望について聞いてみると、「STI E-RA CONCEPT」はスーパーGTへの参戦も視野に入れて開発しているとのこと。2シーターのクーペフォルムを採用しており、シャシーもGTマシンと同様の構造を採用しているという。ちなみにモーター(駆動ユニット)は各輪ともドライブシャフトでホイールとつながる。

 

EVが走行可能なカテゴリーが設定されれば、「STI E-RA CONCEPT」をベースとした車両が戦う姿が見られるかもしれない。

 

「STI E-RA CONCEPT」の開発が順調に進めば、シェイクダウンは2022年末の見込みとのこと。期待と想像力はさらに膨らむ。

 

〈文=ドライバーWeb編集部・兒嶋 写真=澤田和久〉