1日800km走ることもあった「なるべく純正部品でリペアして当時の状態を保ちたい」|1984年式 トヨタ セリカXX スーパー 2000 GT ブラック Vol.3

【1984年式 トヨタ セリカXX スーパー 2000 GT ブラック Vol.3】

【2】から続く

 2代目セリカXXは、ボディやシャシーもブラッシュアップが図られている。初代はセリカありきで、そこに6気筒を詰め込んだが、2代目は当初から6気筒を積むことを前提に開発された。そのため、重量増を抑えつつボディ剛性アップに成功。サスペンションは4輪独立懸架の初代を踏襲しながらも熟成と最適化が図られ、乗り心地と高速直進安定性を向上。スポーツカーとしての総合性能が格段に高められたのだ。

▶▶▶【画像17枚】ルーフスポイラーとゴールドのアルミホイールもスーパー2000GTの専用装備。しかし、ホワイト仕様には設定されないゴールドのアルミホイールなど

 スペシャリティーからスポーツへと転身したセリカXXは、国内のみならずスープラの名で販売された北米を中心に海外でも高い評価を得た。初代のコンセプトをそのまま引き継いでいたら、ソアラの廉価版として見られただろう。そして、華々しい光りを放ったソアラの影に隠れていた可能性が高い。だからこそ、独自の路線を見い出した路線変更は成功と言えるのだ。

OWNERS VOICE/日頃からの整備が長距離走行を可能にする

「現代のクルマにはない角張ったデザインやリトラクタブルヘッドライトが気に入っています」と話すオーナー。この個体は約3年前に手に入れたが、特別装備となるストライプの補修に苦労したそうだ。

 また、オーナーは「クルマは走ってナンボ」というスタンスで、1日800km走ることもあるとか。それだけに、「日頃からの整備を心がけるとともに、なるべく純正部品でリペアして当時の状態を保ちたい」と話していた。

【1】【2】から続く

1984年式 トヨタ セリカXX スーパー 2000 GT ブラック(GA61)

Specification 諸元

全長×全幅×全高(mm) 4660×1685×1315

ホイールベース(mm) 2615

トレッド前/後(mm) 1440/1400

車両重量(kg) 1230

エンジン型式 1G-GEU型

エンジン種類 水冷直列6気筒DOHC

総排気量(cc) 1988

ボア×ストローク(mm) 75.0×75.0

圧縮比 9.1:1

最高出力(ps/rpm) 160/6400

最大トルク(kg-m/rpm) 18.5/5200

変速比 1速 3.566 / 2速 2.056 / 3速 1.384 / 4速 1.000 / 5速 0.850 / 後退 4.091

最終減速比 4.556

ステアリング ラック&ピニオン

サスペンション前/後 ストラット/セミトレーリングアーム

ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)

タイヤ 195/60R15(前後とも)

発売当時価格 216万7000円