2.8L、そしてこの2.0L! DOHC搭載車に与えられた「GT」の名|1984年式 トヨタ セリカXX スーパー 2000 GT ブラック Vol.2

【1984年式 トヨタ セリカXX スーパー 2000 GT ブラック Vol.2】

 2代目セリカXXは初代同様、セリカの上級車種という位置付けは変わりなく、6気筒エンジンとロングボディを採用。Cd値0.35という空力特性を極めたスタイルはロングノーズ&ショートデッキのシャープなデザインが際立ち、スポーツカーの必須項目となっていたリトラクタブルヘッドライトと低く抑えられたノーズで高性能をアピールした。

▶▶▶【画像17枚】XXのエンブレムが装着されるボンネット前端など

 そしてエンジンは2L SOHCの1G型と2.8L DOHCの5M‐G型でスタート。後者はトヨタでは特別なモデルに許される「GT」が与えられ、2800GTと名乗った。その名に恥じない動力性能は、当時の最強スペックとなる最高出力170ps/最大トルク24.0kg‐m、最高速200km/hオーバーが証明。この後、1983年8月のマイナーチェンジ時には5ps/0.5kg‐mのパワーアップが図られた。一方2Lは、デビュー翌年にSOHCターボのM‐T型とDOHC24バルブの1G‐G型という、ハイスペックのキーワードとなっていたターボとツインカム・マルチバルブの高性能エンジンを立て続けに投入。1G‐G型搭載車は2000GTとネーミングされ、「GT」ラインナップが完成した。

【3】に続く

1984年式 トヨタ セリカXX スーパー 2000 GT ブラック(GA61)

Specification 諸元

全長×全幅×全高(mm) 4660×1685×1315

ホイールベース(mm) 2615

トレッド前/後(mm) 1440/1400

車両重量(kg) 1230

エンジン型式 1G-GEU型

エンジン種類 水冷直列6気筒DOHC

総排気量(cc) 1988

ボア×ストローク(mm) 75.0×75.0

圧縮比 9.1:1

最高出力(ps/rpm) 160/6400

最大トルク(kg-m/rpm) 18.5/5200

変速比 1速 3.566 / 2速 2.056 / 3速 1.384 / 4速 1.000 / 5速 0.850 / 後退 4.091

最終減速比 4.556

ステアリング ラック&ピニオン

サスペンション前/後 ストラット/セミトレーリングアーム

ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)

タイヤ 195/60R15(前後とも)

発売当時価格 216万7000円