『あらいぐまラスカル』45周年!特別なアニバーサリー企画を発表!

日本アニメーションから、2022年1月に放送45周年を迎えた『あらいぐまラスカル』のスペシャルなアニバーサリー企画の情報が到着した。記念アートやコラボカフェの企画から、版画や歌舞伎とのコラボまで、2022年は様々なラスカルを見ることができそうだ。

1977年に放送された『あらいぐまラスカル』。『フランダースの犬』『母をたずねて三千里』につづき、「世界名作劇場」シリーズの3作目として製作された。アメリカ・ウィスコンシン州を舞台に、主人公のスターリング少年とあらいぐまの「ラスカル」が共に過ごした1年間を描いたアニメーション作品だ。

「世界名作劇場」では、各作品ごとにアイコンとなるような動物が登場する。『フランダースの犬』では犬のパトラッシュ。『母を訪ねて三千里』にはサルのアメデオ。『あらいぐまラスカル』には文字通りあらいぐまのラスカル。放送から40年以上経った今でも新たなアイテムが発売されるなど

、今なお愛されているキャラクターだ。

特にラスカルは多くのコラボレーションなどを行ってきており、世代を超えて人気のあるキャラクター。

『あらいぐまラスカル』の最終回、あらいぐまの仲間と出会い森へ帰ろうとするラスカルが、スターリングを気にしながら走り去っていく姿は、今でも鮮明に思い出される方も多いのでは。

日本アニメーションは、これまで『あらいぐまラスカル』を応援してきてくれたファンへ感謝を込めて、アニバーサリーをお祝いする企画を多数用意していると発表。それぞれの企画を紹介していこう!

>>>45周年アートなど、企画ラインナップを写真で見る!(写真7点)

◆『あらいぐまラスカル』45周年記念アート

「あらいぐまラスカル45周年イヤー」にあたり、新アート「クラシックデザイン」が作成された。アニメ『あらいぐまラスカル』に登場する「ラスカル」やモチーフをイメージした、ノスタルジックな雰囲気が漂うアートだ。「クラシックデザイン」を使用したアイテムは、放送当時作品を見ていた方々、大人向けに制作されたものだ。涙もろくなっている大人には「君との特別な時間を決して忘れない」なんて書かれているだけでウルウルしてしまいそう。

◆『あらいぐまラスカル』×『版画』

「あらいぐまラスカル45周年イヤー」を記念して、版画家・石川真衣氏による『あらいぐまラスカル』の作品「My little Rascal Artwork by Mai Ishikawa」が、2022年1月12日(水)から1月22日(土)の期間、AL(所在地:東京都渋谷区)で開催される石川氏の個展「Dance Macabre」にて展示・販売される。

石川氏は『あらいぐまラスカル』の大ファンとしても知られており、「『あらいぐまラスカル』は憧れの暮らしそのもの」とのこと。私生活では、ゴールデンレトリバーとアヒルと共に暮らしており、いつも版画と動物たちの話題に溢れているInstagramアカウントも人気を集めている。

「My little Rascal Artwork by Mai Ishikawa」 について、「アニメ番組の『あらいぐまラスカル』へのリスペクトを込め、よりアライグマに近いラスカルを描きました」という石川氏。約3カ月を費やして作画し、版を作り、通常4色を重ねているリトグラフ表現に今回は7色まで重ねる方法をとって美しく記念すべきアートワークに仕上げた。今回、初めてアニメキャラクターに挑戦した石川氏と、初めて版画になった『あらいぐまラスカル』。両者の世界観が融合した作品がとても楽しみだ。なお今後各種イベントやグループ展などでも紹介・販売される予定となっている。

◆『あらいぐまラスカル』×『歌舞伎』

「あらいぐまラスカル45周年イヤー」を記念して、松竹演劇ライツ部監修のもと「歌舞伎」と『あらいぐまラスカル』のコラボが決定した。コラボにあたり、異なるテイストのコラボアートを2種類作成。アニメ『あらいぐまラスカル』とのコラボアートは、蝶や隈取、傘など今回取り上げた「歌舞伎」の演目・人物にちなんだモチーフをちりばめ、深みのある仕上がりになっている。今後、コラボアートを使用したグッズ展開も予定している。

(C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

◆『あらいぐまラスカル』×『コラボカフェ』

2022年夏、宮古島のカフェ&ホテル「LOCAL BASE」と『あらいぐまラスカル』によるコラボカフェの実施が決定した。カフェ内では、アニメの設定画などの展示も予定している。実施期間などの詳細情報は、随時公式Webサイト・各SNSにて公開される。

◆『世界名作劇場』×『フェリシモ コラボアイテム』

「世界名作劇場」シリーズとフェリシモによるコラボアイテム第2弾のWeb販売が好評発売中だ。第1弾に登場した『赤毛のアン』・『あらいぐまラスカル』・『ロミオの青い空』・『フランダースの犬』に加えて、第2弾では新たに『小公女セーラ』や『愛の若草物語』が加わった。セーラになりきれるワンピースやケープ、懐かしの名シーンを身にまとえるスカーフ、マスクをしたラスカルのマスクケースなど、大人になった今だからこそ楽しめるアイテムが揃っている。自分用としてはもちろん、ちょっとした贈り物にも選べるラインナップだ。

(C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.