弟分のセリカよりスポーツ性を強調!! 華麗に転身したスーパーマシン|1984年式 トヨタ セリカXX スーパー 2000 GT ブラック Vol.1

【1984年式 トヨタ セリカXX スーパー 2000 GT ブラック Vol.1】

 初代はラグジュアリーなスペシャリティーカーという位置付けだったが、1981年7月にデビューした2代目は若返りを図ると同時に、スポーティー志向へと舵を切った。その裏には同年2月に華々しくベールを脱いだ初代ソアラの存在が大きく影響している。つまり、ソアラが最高峰のスペシャリティーカーの位置に座ることとなったため、2代目セリカXXは路線変更を余儀なくされたのだ。だが、これはマイナスではなく、むしろ成功と言えるだろう。

▶▶▶【画像17枚】後期型でフェンダーミラーからドアミラーに変更。スーパー2000GTの特別装備のひとつであるゴールドのペイントストライプなど

 スポーティーへの転身は当時のカタログを振り返っても明らかで、まず表紙には「SUPER GRAND SPORT」の文字が踊り、ページをめくればロータスの総帥にしてF1の天才設計者と呼ばれたコーリン・チャップマンが登場。後期型のカタログではよりキャラクターを明確に打ち出し、「SUPER SPORTS MACHINE」とうたっている。ちなみに、弟分のセリカでは「WORLD SUPER SPECIALTIES」の言葉が使われ、セリカXXがよりスポーツ性を強調していたことが分かる。

【2】に続く

1984年式 トヨタ セリカXX スーパー 2000 GT ブラック(GA61)

Specification 諸元

全長×全幅×全高(mm) 4660×1685×1315

ホイールベース(mm) 2615

トレッド前/後(mm) 1440/1400

車両重量(kg) 1230

エンジン型式 1G-GEU型

エンジン種類 水冷直列6気筒DOHC

総排気量(cc) 1988

ボア×ストローク(mm) 75.0×75.0

圧縮比 9.1:1

最高出力(ps/rpm) 160/6400

最大トルク(kg-m/rpm) 18.5/5200

変速比 1速 3.566 / 2速 2.056 / 3速 1.384 / 4速 1.000 / 5速 0.850 / 後退 4.091

最終減速比 4.556

ステアリング ラック&ピニオン

サスペンション前/後 ストラット/セミトレーリングアーム

ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)

タイヤ 195/60R15(前後とも)

発売当時価格 216万7000円