決勝点を挙げた宮崎日大のDF外山将大 [写真]=宮地輝

 31日、第100回全国高校サッカー選手権大会の2回戦が行われ、宮崎日大(宮崎)と富山第一(富山)が対戦した。

 2年連続2回目の出場を果たし選手権での初勝利を目指す宮崎日大と、7年連続32回目の出場となった富山第一が激突した一戦は、前半は互いにチャンスを作るものの決めきれずに0-0で終了。

 後半に入ると富山第一が主導権を握り先制のチャンスが訪れるも、キャプテンのGK羽間友基らを中心とした宮崎日大の守りを崩せない。押し込まれる展開が続いた宮崎日大は、73分にFKを得る。MF芥川蘭丸が蹴ったクロスをDF外山将大が頭で押し込み貴重なゴール。その後も虎の子の1点を守りきった。

 選手権初勝利を飾った宮崎日大は、1月2日に行われる3回戦で静岡学園(静岡)と対戦する。

【スコア】
宮崎日大 1-0 富山第一

【得点者】
1-0 73分 外山将大(宮崎日大)