ご飯のお供、若者言葉、今年頑張ったこと…2021年を振り返る、みんなの“マイベスト3”
乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。12月8日(水)の放送では、みんなの“2021年マイベスト3”をシェアしました。

※写真はイメージです

世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから、気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日のテーマは“2021年カウントダウン マイベスト3!”。買ってよかったものやうれしかったこと、美味しかったものなど、みんなのベスト3を調査。

まずは「おかず・ご飯のお供ベスト3」。第3位は「海苔の佃煮」、第2位は「鮭のハラミ」、第1位は「すじこ」。この結果に、れなちは「もうハズレがない、スゴい! 魚介、海の幸が並びましたね~、いいですね~!」と大絶賛。

そして、「社会人になって驚いたことベスト3」や「幸せな出来事ベスト3」といったランキングも寄せられるなか、6歳の息子を持つパパからは「息子のベスト3」が。それは第3位「千葉のおばあちゃま」、第2位「担任の西宮先生」、そして第1位は「ママ」という結果に、れなちは「パパが入っていなかったか~(苦笑)。寂しいですね」と慰めの言葉も。

一方、同じく子どものランキングで、第3位が「“びっくりした!”が“ぶっくりした!”」、第2位が「“タッタタラリラ”が“チャッチャパラリラ”」、第1位が「“ジングルベル・ジングルベル鈴が鳴る~”が“スジュカンガル~”」という「5歳の息子の言い間違いベスト3」に癒されるれなち。

さらには、「近所に建った一軒家ベスト3」「ハマった趣味ベスト3」「お世話になったきのこベスト3」などさまざまなランキングが届き、「バイト先の女子高校生の後輩が使ってきて戸惑った言葉ベスト3」では、第3位「ぴえん」、第2位「あせあせ」、第1位「はにゃ」という結果に、れなちも思わず「はにゃ」と発します。

また、「これは美味しそうですよ!」とれなちが目を輝かせたのは「納豆の食べ方ベスト3」。第3位「付属のタレ半分にブラックペッパー」、第2位「シンプルに刻みネギとタレとからし」、第1位「オリーブオイルに塩とブラックペッパー」とあり、れなちは「気になる! 私も早速やってみますね」と興味津々。

そのほか、「毎日摂りまくったものベスト3」では、第3位「コーヒー」、第2位「マヌカハニー」、そして第1位には「白湯」がランクイン。「若い頃は美味しさがわからなかったが、最近は白湯が美味しすぎる」という意見に、れなちはちょっぴり驚きつつも、今回は多くのリスナーから白湯を飲んでいるという声がありました。

ちなみに、この日のゲスト、クリス・ペプラーさんも2021年マイベスト3を発表。そのテーマは「頑張ったこと」。第3位は「コロナ対策」で、これは一昨年子どもが生まれ、家には絶対にウイルスを入れたくないと過剰なほどに頑張っていたそう。第2位は、子どもが生まれたこともあって、奥さんと一緒に頑張ったという「子育て」。そして栄えある第1位は「ベース」。昔からベースは弾いていたものの、コロナ禍により「頑張って理論などからあらためて勉強した」と振り返りました。

<番組概要>

番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。

放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55

パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/