cinemas PLUS



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT


ナチスのホロコーストを背景にした戦争の蛮行を描いた作品は昔も今も後を絶ちませんが、本作もその中の1本。

ただし、ここでは単なるナチ批判の域に留まらず、神と信仰の領域にまでぐっと踏み込むという意気込みが成されており、またそのために音楽という要素が最大限の効果を伴いながら用いられています。

映画全体の構成は、第2次世界大戦下のロンドンで9歳で出会い、青年になってデビュー・コンサート当日に行方不明になった天才ヴァイオリニストのドヴィドルと、それから35年の月日をかけて彼を探し続ける幼馴染のマーティン(ティム・ロス)の友情と確執の日々が少年時代、青年時代、そして現代と3つの時空を錯綜しながら描かれていきますが、その積み重ね方も実に自然。



また劇中はバッハやベートーヴェン、パガニーニなどクラシックの名曲が壮麗に彩りますが、その合間合間にハワード・ショアの劇中曲が縁の下の力持ち的な存在として効力を発揮しているあたりもお聞き逃しなく。

前半は境遇の異なる少年時代のふたりのやりとり(結構悪いことばかりやってます!?)から次第に友情が育まれていく過程が心地よく伝わってきますが、やはり映画のキモとしては後半、全ての真実が明らかになっていき、そこからもたらされていくクライマックスが圧巻とだけ今は伝えておきたいと思います。



『海の上のピアニスト』(98)に続いて音楽映画の秀作をモノにした名優ティム・ロス、映画ではタフガイのイメージが強いクライヴ・オーウェンがここでは実に繊細かつ静謐なキャラクターを見事に演じています。

そして『レッド・バイオリン』(98)『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』(14)など音楽を題材にした映画演出に定評のあるフランソワ・ジラール監督、またまた快打でした!

【関連記事】『ヴェノム:レットゼア・ビー・カーネイジ』マーベル版“ボニー&クライド”とでも!そしてお茶目なトム・ハーディ!
【関連記事】『グロリア 永遠の青春』、アラフィフ女性の“青春”!セルフ・リメイクでオリジナル版を凌駕!

(文:増當竜也)


『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』作品情報

ストーリー
1938年、ロンドンに住む 9 歳のマーティンの家に、ポーランド系ユダヤ人で類まれなヴァイオリンの才能を持つドヴィドルがやってきた。同い年のマーティンと兄弟のように育ったドヴィドルはその才能を開花させ、 21 歳でデビューコンサートの日を迎える。しかしその晴れ舞台の当日、ドヴィドルは忽然と姿を消した……。35年後、コンサートの審査員をしていたマーティンは、ある青年のヴァイオリンの音色を聴き、愕然とする。彼が奏でるヴァイオリンは間違いなくドヴィドルにしか教えられないものだった。マーティンは長い沈黙を経て、ドヴィドルを探す旅に出る。なぜ彼は姿を消したのか? ロンドン、ワルシャワ、ニューヨークを巡り、その真相が解き明かされたとき、ふたりの止まっていた時間は再び回り始める。

予告編


基本情報
出演:ティム・ロス/クライヴ・オーウェン/ルーク・ドイル/ミシャ・ハンドリー/キャサリン・マコーマック

監督:フランソワ・ジラール

公開日:2021年12月10日(金)

製作国:イギリス/カナダ/ハンガリー/ドイツ