小芝風花、髙橋ひかるらが艶やかな晴れ着姿で2021年を振り返る「一人でお酒を飲むように」

小芝風花、髙橋ひかる、本田望結、本田紗来、宮本茉由、尾碕真花、井頭愛海、井本彩花、奥山かずさが9日、都内にて開催された「2022年オスカープロモーション新春晴れ着撮影会」に出席した。

【写真】艶やかな振袖姿の小芝風花、髙橋ひかるら、ソロカット【19点】

艶やかな振袖姿で登場した9人。今年一年を振り返ってもらうと、宮本は「本当に色々な役をいただけて、本当に充実した実のある一年でした」、井頭は「コロナ禍で自分と向き合う時間とかも増えて、すごく自分の人生を見つめ直すような一年でもありました」とそれぞれ振り返った。

また本田紗来は「身長がグングン伸びていっている」と告白。本田望結は「ターニングポイントな一年でした。たくさんのかけがえのない出会いもありました。17歳になったんですけど、17歳になると取れる資格が増えてきて、最近では船の免許を取りました」と明かし、周囲を驚かせた。

小芝は「幅のある役をさせていただいた、すごく充実した楽しい一年でした」と振り返り、「プライベートもしっかり楽しみながら、お仕事は切り替えて、その分より頑張る。メリハリをしっかりつけて楽しい一年にしたい」と来年の抱負を語る。髙橋は「私の場合はバラエティも今年はたくさん出させていただいて、バラエティやってドラマやって、行ったり来たりがすごく多かったので、体感的に毎日初めてのことに挑戦しているような、すごく新鮮な気持ち。今年は早かったなという風に思います」と充実した一年を思い返した。

さらに井本は「今年は自分の中では『仮面ライダー』というのが一番大きい。『仮面ライダーに変身できた』っていうのが本当にうれしかったです」、奥山は「私は今年、のんびりゆったり過ごす中で自分ともゆっくり向き合えました。自分の好きなこと、嫌いなことにフォーカスできた」と回顧。尾碕は「今年は本当にすごく好きなように過ごしました。お仕事で頑張るところは頑張りますし、20歳になったのでお酒も飲むようになりまして、コロナのせいで一人の時間が増えたので、一人でお酒を飲むようになったんです」と打ち明け、「男前だね」と驚かれていた。

【あわせて読む】「今年のクリスマスはおうちでまったり」佐々木希 純白のドレスでイベントに登壇