春野優(赤楚衛二)、氷河衛(江口のりこ)

江口のりこが主演を務める木曜劇場『SUPER RICH』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第9話が、12月9日に放送される。

幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマン・氷河衛(江口)の、ジェットコースターのような波瀾万丈な半生を描く完全オリジナル作品で、仕事にプライベートにと、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描く。

先週放送された第8話では、コンビニ強盗ともみ合いになった春野優(赤楚衛二)が刺されてしまう事件が発生。その後優は回復したものの、1年4か月後の変貌ぶりがネット上で話題に。「何で冷たい雰囲気なの?」「怖い」「来週気になりすぎ」とのコメントがあった。

<第9話あらすじ>

氷河衛(江口)の献身的な補助で、強盗に刺されて傷ついた春野優(赤楚)は回復。そして2人は優の両親である桜(美保純)と良次(上島竜兵)を証人に、晴れて婚姻届を提出した。また、今吉零子(中村ゆり)と鮫島彩(菅野莉央)を引き留めた「スリースターブックス」は以前入っていたオフィスビルへと移転し、1年後には株式上場を考慮するまでに成長する。

そんなある日の役員会議で、衛は自身の勤務形態をリモートに変えたいと言う。出産育児を経験している鮫島から、リモートワークの課題を指摘された衛は、経験のために自分で運用してみたいというのだ。田中リリカ(志田未来)は衛のリモートワークを懸念し、宮村空(町田啓太)に相談を持ちかける。会社のナンバー1の衛がリモートを続けるなら、明確なナンバー2を据えるべきだと言う。

その夜、優に妹の真子(茅島みずき)から急な連絡が入る。それは、優の実家に関わる重大な出来事で……。