鈴木伸之が主演を務めるドラマ『お茶にごす。』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の第10服(第10話)が、12月9日に放送される。

同ドラマの原作は、「今日から俺は!!」「天使な小生意気」など、キャラクターの面白みで勝負する“ヤンキーギャグ漫画”として金字塔を打ち立てた西森博之による同名コミック。中学最強の不良と恐れられていた“悪魔(デビル)まークン”こと船橋雅矢(鈴木)は、高校入学をきっかけにもう喧嘩はしないと決心。茶道部の仲間たちと関わることで少しずつ変わっていく様子が描かれる。

第9服では、船橋が女子高生から言われた言葉をきっかけに“心”を追い求める姿に、SNS上では「だんだん深いテーマになってきた」という声が上がっていた。

<第10服(第10話)あらすじ>

船橋雅矢(鈴木)が軽挙高校の生徒にカツアゲをしている所を目撃してしまった浅川夏帆(萩原みのり)は、船橋に「部活をやめてほしい」と告げる。突然の出来事に他の茶道部員が唖然とする中、副部長・慎大寺珠美(仁科かりん)から意外な一言が! 果たして、船橋がカツアゲをした真意とは!?

そして、軽挙高校の矢瀬(楽駆)は、「船橋を倒してほしい」と二年のキング・吉田(佳久創)に助けを求める。

一方、姉崎奈緒美(久間田琳加)の身の回りでは不審な人の姿が……。