杉咲花が主演を務める水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)第9話が、12月8日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、勝ち気だが恋には臆病な盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)と、喧嘩っ早いが純粋なヤンキーの黒川森生(杉野遥亮)、ある日出会ってしまった運命の2人による笑って泣けて時々ハッとする、新世代ラブコメディ。

前回第8話は、盲学校の就職支援の講師としてユキコの初恋の相手・緋山翔太(小関裕太)​​が登場。地域で行われるクリスマスマーケットに橙野茜(ファーストサマーウイカ)の店が出店することになり、ユキコ、緋山、森生たちも参加することに。しかし、高スペックの緋山に対し、自分のいいところを見せられない森生は焦り……という展開が描かれた。ネット上では、緋山にヤキモチを焼く森生に「ヤキモチやいてる森生可愛い」「キュンとする」といった声があがっていた。

<第9話あらすじ>

黒川森生(杉野)から、白杖を持った若者が駅のホームから転落した、という連絡を受けた赤座ユキコ(杉咲)と紫村空(田辺桃子)。ホームドアのない駅のホームは、視覚障害者にとっては「欄干のない橋」と同じ。その日、体験学習に向かうために駅に居た青野陽太(細田佳央太)の身を心配したユキコたちは、慌てて病院に駆けつける。しかし、病院でベッドに寝かされていたのは、青野ではなく、なぜか森生で……!?

翌日。ユキコは退院する森生に付き添うため、お弁当を用意して森生のもとへ。娘が初めて彼氏の家に上がることに神経をとがらせる赤座誠二(岸谷五朗)の一方、赤座イズミ(奈緒)は妹の恋を応援する。しかし、松葉杖をついた森生と白杖をついたユキコは、いつものように歩調を合わせることができず……。さらに、散らかった森生の部屋で、怪我をした森生の力になれないことに、ユキコは人知れず自信をなくしてしまう。

1週間後、ユキコの元に、就職支援をしていた緋山翔太(小関)から連絡が入る。それは、希望していた飲食関係の会社がユキコに興味を示しているという連絡。その日、森生の快気祝いに茜の店でサプライズを準備していたユキコは、嬉しい気持ちで森生を待つが……。

そんな中、森生には、金沢獅子王(鈴木伸之)を通じて正社員になるチャンスが訪れる。しかし、赴任先はなんと鹿児島だと告げられる。

ユキコと森生、2人の前に拓ける別々の道。森生の人生を邪魔したくないと思うユキコと、ユキコの人生をサポートする緋山の存在を前に自信をなくす森生。決断を迫られた2人が選ぶ道とは……?