中日の又吉克樹

◆ 野村弘樹氏「広い分母に影響を与えた」

 中日の又吉克樹投手(31)が先月29日、FA権行使の手続きを行ったことを表明。今オフは残留宣言が目につく中で大きな注目を集めている。

 今季はセットアッパーやクローザーとして、チームトップの66試合に登板して3勝2敗8セーブ33ホールド、防御率1.28という素晴らしい成績を記録。貴重なリリーバーとして複数球団からの関心が伝えられている。

 今オフ注目の動きのひとつとして、6日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で又吉のFA宣言をピックアップ。独立リーグ出身選手として初のFAということもあり、解説を務めた野村弘樹さんは「苦労もあったと思うけど、這い上がってここまでなれるというところを見せてくれた。広い分母に影響を与えた選手。独立リーグで頑張っている選手にも、十分チャンスがあるということを示した」と、その功績を評価した。

 また、同じく解説を務めた真中さんは「ここ2〜3年は本人が思うような数字ではなかったと思う。だから苦しんで、今年こういう結果が出た。本人からすると、FA権をとった年に、これだけ頑張れるというのは、一番いい」と語り、「非常にいいタイミングでFA権をとったので、どこに行くかはわかりませんけど、どのチームも欲しいと思う」と主張。計算できるリリーフ右腕として引っ張り凧になる可能性を指摘した。

 果たして、独立リーグの後輩たちに希望を与えるような契約を勝ち取ることができるのか。宣言残留を表明した選手を除けば、今季は唯一のFA宣言選手となりそうな又吉。9日から解禁となる他球団との契約交渉の行方にも要注目だ。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』