B・メンデスが福岡退団 [写真]=鈴木颯太朗

 アビスパ福岡は7日、デポルティーボ・マルドナド(ウルグアイ)より期限付き移籍していたFWブルーノ・メンデスの期限付き移籍期間終了が決定したことをクラブ公式サイトで発表した。

 現在27歳のB・メンデスはボタフォゴ(ブラジル)やアトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)、ヴィトーリア・ギマランイス(ポルトガル)などでもプレー。2019シーズンと2020シーズンにはデポルティーボ・マルドナドからの期限付き移籍でセレッソ大阪にも在籍していた。

 福岡へと期限付き移籍した2021シーズンは、明治安田生命J1リーグの19試合に出場して4ゴールを記録し、JリーグYBCルヴァンカップでも1試合に出場した。

 B・メンデスは福岡退団に際し、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「アビスパ福岡に関わる全ての皆様、そして今年の私のプレーに信頼を寄せてくれたチームスタッフの皆さん、本当にありがとうございました」

「J1残留、そして10位以内というクラブの目標を達成することができ、私は胸を張ってこのクラブを去ります。順位に関しては、8位まで上げてリーグ戦を終えられました。そして、今まで果たせなかった5年周期を終わらせることができました」

「5年周期を終えるという目標に向けて、チームに貢献できたこと。そして自らの名前をアビスパの歴史に刻むことができて、とても幸せです」

「加えて、加入当初からシーズン終了まで常に私を応援してくださったサポーターの皆様には、とても感謝しています。皆様の優しさは、間違いなくいつまでも私の心の中に残り続けることでしょう。ありがとう、ありがとう!!また会いましょう!!!」