「このクルマのために車庫を作りました」クルマが呼んだ運命の出合い? ハコスカ転じてブルUと為す| 1975年式 日産 ブルーバードU ハードトップ 1600 SSS‐E Vol.1

今回の旧車オーナーは、現行車、旧車を合わせてすでに10数台を乗り継いできた自動車好き。

最近は現行車ばかりだったと言うが、1年前、楽しさを求めて現在のブルーバードUを入手。

旧車にしかない躍動感や生命感を思い切り楽しんでいるという。

【1975年式 日産 ブルーバードU ハードトップ 1600 SSS‐E Vol.1】

「しばらく現代のクルマを何台か乗り継いでいたんですけど、やっぱり旧車じゃないと楽しくない。今度はハコスカが欲しくなり、お店まで見に行ったんですよ。そうしたら、程度のいいモデルがあるじゃないですか。おお、これだと思ったら昨日売れてしまったという。え〜、でガッカリですよね。すごく落胆しちゃって、目の焦点が定まらない気分だったんですけど、何気なく横のクルマを見ていたら『お〜い、オイラを連れ帰ってくれ』と言われたような気がしたんですよ。それがこのクルマです」と愛車に手を置き話し始めたのは、今回の旧車オーナー。愛車は1975年式ブルーバードUハードトップ1600SSS‐Eだ。

「ハコスカを買う気でお店まで来て、希望にかなうクルマを見つけたもののそれはぬか喜び。一気に暗転した気分になった時、オレがいるじゃないかと語りかけてきたブルーバードU。まさに運命の出合い。自分にとってはブルUじゃなくてブル誘ですね」

▶▶▶【画像19枚】ハイデッキデザインだったため後方視界に難があったようだが、ボリューム感のある特徴的なリアデザインなど

 手に入れて1年。大事にしていることは「このクルマのために車庫を作りました」という言葉からも十分うかがえる。なにしろ、足に使っている現行車は片流れ式の簡易ガレージ。この待遇差を見れば明らかだ。

「手に入れるまで、ブルUについてはほとんど知識がなかったんですよ。いろいろな資料を集めて調べました」

【2】【3】【4】に続く