12月24日(金)より全国公開される映画『劇場版 呪術廻戦 0』。このたび、本作の劇場入場者プレゼントの概要と、映画初日の最速上映情報が解禁された。

『呪術廻戦』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中の芥見下々による同名コミックが原作で、12月25日(土)発売の18巻でシリーズ累計発行部数6000万部を突破する人気作品。“呪い”がテーマとなっており、人間の負の感情から生まれた“呪霊”と、それを祓うために立ち向かう“呪術師”との戦いを描いた物語。

今回明らかとなった入場者プレゼントの小冊子「呪術廻戦0.5東京都立呪術高等専門学校」通称“0.5巻”は、全国合計500万名限定で配布。芥見の新作描きおろし漫画や、この劇場版の原作である「東京都立呪術高等専門学校」の第1話の貴重なネームが掲載されるなど、ファンならずとも欲しくなる特級クラスの内容の小冊子だ。

本作の公開日(12月24日)は、ファンにとって重要な“百鬼夜行の決行日”。映画初日の12月24日(金)午前0時(=23日(木)24時)に、本作とゆかりの深い京都と宮城、そして全国5大都市での最速上映が決定。24日に日付が変わると共に、いよいよ『劇場版 呪術廻戦 0』がお披露目となる。

なお、現在民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、劇場版公開記念「呪術廻戦」特集ページが公開中。TVアニメシリーズ『呪術廻戦』(MBS)が、12月1日(水)より毎日1話ずつ無料配信されている。映画の公開を前に、名シーンを振り返ってみては。

<『劇場版 呪術廻戦 0』ストーリー>

幼少のころ、幼なじみの祈本里香を交通事故により目の前で失った乙骨憂太。

「約束だよ 里香と憂太は大人になったら結婚するの」

怨霊と化した里香の呪いに苦しみ、自身の死を望む乙骨だったが、最強の呪術師・五条悟によって、呪術高専に迎え入れられた。

そして、同級生の禪院真希・狗巻棘・パンダと出会い、乙骨はある決意をする。

「生きてていいって自信が欲しいんだ」

「僕は呪術高専で里香ちゃんの呪いを解きます」

一方、乙骨たちの前にかつて一般人を大量虐殺し高専を追放された最悪の呪詛師・夏油傑が現れる。

「来たる12月24日 我々は百鬼夜行を行う」

呪術師だけの楽園を標榜する夏油は、非術師を殲滅させんと、ついに新宿・京都に千の呪いを放ち――

果たして、乙骨は夏油を止められるのか、そして、里香の解呪の行方は……。

<最速上映>

・実施日時:12月24日(金)0:00(=23日(木)24:00)

・販売開始:12月17日(金)0:00(=16日(木)24:00)各劇場販売サイトにて

・実施劇場:

  東京:TOHOシネマズ新宿、新宿バルト、TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズ池袋

  大阪:TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば

  京都:TOHOシネマズ二条、T・ジョイ京都、MOVIX京都

  愛知:ミッドランドスクエア

  福岡:T・ジョイ博多

  宮城:TOHOシネマズ仙台

  北海道:ユナイテッド・シネマ札幌

原作:「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」芥見下々(集英社 ジャンプ コミックス刊)

制作:MAPPA

配給:東宝

声の出演:緒方恵美 花澤香菜 小松未可子 内山昂輝 関智一 中村悠一 櫻井孝宏