木村拓哉「“悪哉”だったから(笑)」武田真治いわく、当時の木村はとがっていた…!? ラジオでプライベート話
木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。11月のゲストには、武田真治さんが登場。11月28日(日)の放送では、武田さんの“人生の1曲”を紹介しました。また、2人が東京タワーに遊びに行ったときのエピソードも披露しました。



◆武田真治の“人生の1曲”は?
毎回、ゲストに「人生の1曲」を挙げてもらっているコーナー。武田さんが「あのね、ちょっと拓哉と一緒に聴きたいんだ」と言い、セレクトしたのは、SMAPの「がんばりましょう」。

1994年に放送されたドラマ「若者のすべて」(フジテレビ系)での初共演をきっかけに、撮影が終わった後に一緒に遊ぶ間柄だったと話す2人。武田さんが、「出会った頃さ、拓哉、とがってたじゃん?」と当時を振り返ると、木村は「“悪哉”だったから(笑)」と懐かしみます。

そして、武田さんは「俺たちが一緒にいた時期って、まだ拓哉が、自分が置かれている“キムタク”という時代のアイコンに対して、ちょっと戸惑いがあるような時代だったと思うんだよね。で、SMAPの曲って、俺は単純に『いい曲だな』『すごくいい曲をいっぱい歌っているな』って思うんだけど、あの頃って拓哉はガンズ・アンド・ローゼズやエアロスミスを聴いていたじゃん?」と話します。

続けて、「拓哉が『なんか、もっとこういうふうにしたいんだけどなぁ』みたいなことを言っていて、『いや、そんなことないよ。いい曲だよ』って言うと、『そうかい?』って」と当時のやり取りを振り返り、「それが(SMAPの)『がんばりましょう』って曲で。ちょっと今日、『がんばりましょう』を聴いていいかい?」と武田さん。

これに木村は声を上げて笑いながら、「それが人生の1曲なの?スティーヴィー・ワンダーやプリンスではないの?」と念を押しても、武田さんは「俺のなかでは『がんばりましょう』だね!」とキッパリ。

木村が「じゃあ、聴きますか!」と笑顔をのぞかせると、武田さんから「曲紹介お願いします(笑)」と振りが。「いや、お前だよ(笑)。人生の1曲なんだから、真治が曲紹介するんだよ!」と木村が返すと、武田さんが「曲紹介お願いしますよ~」と食い下がり「じゃあ、一緒にするか?」と提案するひと幕も。

そんなやり取りの後、2人で一緒に曲紹介し、SMAPの「がんばりましょう」をオンエアしました。

本日12月5日(日)放送のゲストは、シンガーソングライターの平井大さんです。

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/