木村拓哉「すげーな、コイツ!」武田真治が「紅白歌合戦」で披露した“筋肉体操”に衝撃
木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。11月のゲストには、武田真治さんが登場。11月28日(日)の放送では、武田さんの“筋肉キャラ”について語り合いました。



◆“筋肉体操”で大ブレイク!
武田さんは25歳のときに、顎を動かす筋肉が痛み、口を大きく開けられなくなるなどの症状が起こる「顎関節症」と診断されました。医師からは、自身の代名詞の1つであるサックスを「吹かないほうがいい」と言われ、失意に見舞われていたなか、大きな転機となった“忌野清志郎さんとの出会い”について、前回の放送で語ってくれました。

自分の体と向き合うなかで清志郎さんに出会い、もう一度サックスを吹くようになった武田さん。

“自転車好き”としても知られる清志郎さんと一緒に自転車に乗るようになったことも功を奏して「心肺能力を高めることができた」と振り返ります。

また、医師から「顎に力が集中してしまうので、力を散らすために全体的に体力をつけて、とにかく筋肉をつけなさい」と言われたことをきっかけに筋トレを始め、20年以上継続していると言います。

デビュー当時は中性的なイメージもあった武田さんですが、その後、体力づくりを兼ねた筋トレにのめり込み、“筋肉キャラ”として再ブレイクしました。

近年の武田さんの“筋肉キャラ”について、「(筋トレが)続いたから『みんなで筋肉体操』(NHK)に出て、『紅白』(2018年「第69回NHK紅白歌合戦」)まで出ているんですよ!」と反応すると、武田さんも「笑えるよね。筋肉で(「NHK紅白歌合戦」に)出られるものなんだね。俺もビックリした。しかも紅組で出ているからさ(笑)」と笑顔をのぞかせます。

紅組として出場した武田さんは、体のラインがくっきり分かる赤色のタンクトップと、赤色のショートパンツを着用。「遠目で見ると、ワンピース型のレオタードを着ているようで、よくわかんない状況になっちゃって(笑)」と振り返ります。

続けて「でも本番では、なんの疑問も持たずに一心不乱に腕立て伏せをして、サックスを吹いたよ。その映像、観てくれた?」と問うと、木村は「観たよ。『すげーなコイツ!』と思った」と話しました。

次回12月5日(日)放送のゲストは、シンガーソングライターの平井大さんです。

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/