cinemas PLUS


■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

その年の映画賞を総なめした名作『フラガール』(06)でも有名な福島県いわき市の“東北のハワイ”ことスパリゾート、ハワイアンズのダンシング・チーム、通称“フラ・ガール”を仕事に選んだ新入社員たちの奮闘を描いた群像劇。

一見アニメーションならではのパターンとでもいうべきオーソドックスなドタバタ&確執&友情といった図式を丁寧に描いた印象がありますが、そのベースには東日本大震災の傷痕が大きく影響を及ぼしていることをことさら強調することなく、それでいて確実に訴え得ているあたり、今回オリジナル企画として本作に臨んだ水島精二総監督のこだわりを大いに感じさせてくれています。



5人の女性たちのキャラクターも明快に分けられ、また福原遥や美山加恋などそれぞれの声優陣も好印象。

作画としては、フラダンスのステージなど一連のシークエンスをモーションキャプチャーの技術を駆使して滑らかに表現したことが功を奏しており、3DCG独自の臭いみたいなものもかなり薄まり、その分映画に集中することができました。



特筆すべきは大島ミチルの音楽で、さすがは手練れたベテランの味わいで、豪華さと優雅さと繊細さを併せ持つ楽曲の数々が映画に大きく貢献するとともに品格までも高めてくれているようでした。

総じて奇をてらうことなく、正攻法で堂々と青春群像やフラダンスそのものの魅力、そしてこの10数年の東北の痛みと再生を描出し得ている作品です。

鑑賞後、良いものを見せてもらったという想いの中には、そうした前向きな心地よさも含まれているような気もしてなりませんでした。


【関連記事】 〈新作紹介〉『ロン 僕のポンコツ・ボット』『アイの歌声を聴かせて』:ユニークな共通点ありのSFアニメ映画!

【関連記事】『アイの歌声を聴かせて』が大傑作である5つの理由|過去最高の土屋太鳳が爆誕!

(文:増當竜也)


『フラ・フラダンス』作品情報

ストーリー
福島県いわき市に暮らす高校生・夏凪日羽(なつなぎひわ)。卒業後の進路に悩む日羽は、かつて姉の真理が勤めていた「東北のハワイ」こと「スパリゾートハワイアンズ」のポスターを見て、衝動的に新人ダンサー=フラガールの採用試験に応募する。未経験ながらも採用された日羽は、鎌倉環奈、滝川蘭子、オハナ・カアイフエ、白沢しおんたち同期と共にフラガールへの道を歩み始めるが、個性豊かすぎる5人の足並みはそろわず、初ステージで、ある大失敗をしてしまう。「今までで、一番ざんねんな新人たち」と呼ばれ、落ち込む彼女たちだったが、恋、ダイエット、そしてフラ……と、いいことも辛いことも分かちあいながら、フラフラしながらも絆を深めていく。

予告編


基本情報
出演:福原遥/美山加恋/富田望生/山田裕貴/ディーン・フジオカ

総監督:水島精二

監督:綿田慎也

公開日:2021年12月3日(金)

製作国:日本