入野自由5枚目のシングルは「新たなチャレンジを楽しむ」一枚に

演技に加えて高い歌唱力も知られる入野自由さんが、5thシングル『CHEERS』をリリース! 新進気鋭のアーティスト・TENDERさん、PEARL CENTERさんとタッグを組んだ楽曲をはじめ、自身で作詞・作曲を担当した『April』のextended ver.など、挑戦的な内容となったニューシングルについて語っていただきました。

──今回のシングル制作にあたって、テーマなどありましたら教えてください。

入野 昨年はアルバムを作り、それに合わせて配信ライブもやったので、当時の僕としては全部出し切っちゃった感じがあったんですね。そんな中で「次、どうする?」という話になった時、何か新しい刺激がないと作れないというか……作ったところでいいものにならないだろうと思ったんです。それで、今まで僕が出会ったことのない音楽を手掛けている、新しい人と出会って新しいことをやってみよう、というのが始まりでした。

──TENDERさん、PEARL CENTERさんとコラボすることにしたきっかけは?

入野 「自分が今好きなのはどんな曲なんだろう?」「どんな曲を歌いたいんだろう?」ということを自問自答したり、いろんな人にも意見を聞いたりと模索していて出会ったのがTENDERさんでした。これまで僕が歌うことがなかった独自の雰囲気の歌唱と耳馴染みのいいトラックが本当にかっこよくて、ぜひお願いしたいとアタックさせてもらいました。

とはいえ、「自分に歌いこなせるか? マッチするのか?」という不安もあったりしたんです。でも、いろいろと悩んでいる今だからこそ、新しいチャレンジをするにはいい機会なのかもしれないと思って、チームを組ませていただくことになりました。

──自分にない音楽性にチャレンジする気持ちというのは、前回のシングル『FREEDOM』で向井太一さんとコラボした経験が影響したところも?

入野 そうですね。まさにおっしゃる通りで、それがあったからこそ飛び込めた感じはあります。前だったら多分自分とかけ離れすぎた楽曲ということでピンと来なかったかもしれないのですが、向井さんを始め、これまでにたくさんのアーティストさんたちと出会ってきたことで、いろんな音楽を聴くようになりました。そのおかげで辿り着くことができたと思っています。

──表題曲『CHEERS』はどのようにして作られたのでしょうか?

入野 この曲は、じつは全収録曲の中で一番最後にできた曲です。まずトラックが上がってきて、そこにTENDERさんが仮歌を入れてくれていたんですけれど、それを聴いただけでなんだかちょっとワクワクするような、自分がやってみたかった世界観を感じられたんです。そこから歌詞を作ってもらうことになり、当初はちょっとパーティーソングっぽい楽しい曲をイメージしていたんですが、曲を聴いてそれよりもゆるく楽しく、チルっぽい感じにしてもらったほうがいいのかなと。

──メッセージ性が強い歌詞ですよね。

入野 そうですね。でも、曲と歌詞のバランスが絶妙で、押しつけがましくないところが素敵だと思いました。

──レコーディングはいかがでした?

入野 難しかったですね。やっぱりTENDERさんの歌い方を真似することはできない。だからといって完全に無視して自分のやり方で歌ってしまうとそれはそれで曲のあるべき姿からかけ離れたものになってしまうような気がして。なので、TENDERさんに少し寄せつつ ”入野自由らしさ” も意識して、というバランス感覚で歌いました。

──カップリング曲である『LIFE』はどのようにして生まれた曲ですか?

入野 リモートで打ち合わせをさせてもらったんですけど、入野自由に寄せてもらうのではなく、「PEARL CENTERさんのもっている味や ”らしさ” を歌わせてください」とお伝えして作っていただきました。歌詞については、ザックリとしたテーマではあるんですが「歌うこと、作ること、演じることは、自分にとって生きることなんです」というお話をさせていただきまして、ニュアンスだけを伝えた上でそれを形にしていただきました。

──この曲のレコーディング時のエピソードは?

入野 この曲は最初にスタジオでプリプロ(プリプロダクション=事前に簡易的なレコーディングを行うこと)を録らせてもらったのですが、リズムやメロディがずっと変化球みたいな感じで(笑)。PEARL CENTERさんのいつものスタイルだと思うんですけど、僕からしたら意外なことばかりで、すごく大変でした。ライブで歌っている自分を想像した時「これは歌えないんじゃないか?」と思ったりもして(笑)。でも一旦身体に入ってしまうと、とても心地良い感じで、レコーディング本番ではあまり気張らずに楽曲にそのまま乗ることを意識しながら歌いました。

──『トワイライト』については?

入野 『トワイライト』はPEARL CENTERさんのちょっと暗めの楽曲を例に挙げて、その曲のような雰囲気も好きです、みたいな話をさせてもらった上で、PEARL CENTERさんにお任せして作っていただいた1曲になります。自分の中にない言葉やメロディラインばかりだったので、レコーディングでは曲にどれだけ自分がハマっていけるかということを考えながら歌いました。

──デジタル配信シングルとして先行リリースされた『April』も、extended ver.として収録されています。

入野 この『April』は、コロナ禍で舞台やライブが中止になってしまった時に、これを機にいろいろやってみようと一念発起して、自宅に録音スタジオ同様の環境を整えたんです。その収録機器を使って、佐伯ユウスケくん、シミズ(sooogood!)くんのアーティスト二人にアドバイスしてもらいながら、自分で作詞・作曲して作った曲です。当初は別のシングルに特典として付けようかという話もあったのですが、1回形にしてみようということで9月にデジタル配信でリリースさせてもらいました。

──extended ver.はデジタル配信版とどんなところが異なりますか?

入野 このextended ver.は、僕がこの曲をデモとして収録した時の音に近いもので、歌の前後に環境音が入っています。昨年『April』を制作している頃、見えるもの、聞こえてくるもの全てが素材だと感じていたので、何でも録音したり撮影したりしていました。外から聞こえる車が過ぎ去る音や、遊んでいる子どもたちの声、風の音。この曲の雰囲気にもマッチしていると思いました。そこで、ベランダに出てギターを弾いて、部屋に戻るまでというストーリーをイメージして、デモを作りました。リリックビデオがそのイメージです。配信時にはその環境音の部分をカットしていたので、改めて『extended ver.』として収録することにしました。

──全曲通して聴いてみて、ご自身ではどんな1枚になったと感じましたか?

入野 まずは完成して本当にホッとしています。作る前は何をやったらいいかずっと考えていて、スタッフさんから「どうする?」と聞かれても、「どうすればいいんでしょう?」としか言えないみたいな状態が続いていましたので(笑)。でも、制作が進む中でいろいろなものが見えてきて、自分の作ったものも一つ形になっていって……最後はTENDERさんとPEARL CENTERさんという素敵なアーティストに作っていただいた楽曲に引っ張ってもらって、僕の『April』もいいバランスで収録することができました。皆さんにも、僕の新しいチャレンジを詰め込んだ一枚として聴いていただけるものになったのは、よかったなと思っています。ぜひ楽しんでいただけたなら嬉しいですね。

>>>入野自由5thシングル『CHEERS』の画像を全て見る(写真2点)