藤原大祐&桜田ひよりがW主演を務めるHuluオリジナル『神様のえこひいき』(全8話)が、2022年3月19日(土)からHuluで独占配信される。

少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)の人気作品を動画配信サービスHuluで連続ドラマ化、独占配信される珠玉の恋愛ドラマシリーズ「マーガレット Love Stories」。現在配信中の『マイルノビッチ』『悪魔とラブソング』に続く第3弾、小村あゆみによる「神様のえこひいき」(2017年~2018年掲載)を実写ドラマ化。

「オレはケンタのことが好きだ――」。同性の親友・七原ケンタ(ななはら・けんた)へ告白するもあっさりフラれ、しかもその直後に交通事故にあって死んでしまう主人公・天野弥白(あまの・やしろ)。しかし、暇を持て余した神様の“えこひいき”により、弥白は望む姿で生まれ変われることに!?

「ケンタ好みの女の子になって、今度こそ、ケンタと恋がしたい!」。その一心で女の子・天堂神楽(てんどう・かぐら)に生まれ変わったはずが、中身は“オレ”のままで容姿だけが女。思い描いていた女子力を発揮できず、ケンタとの距離は一向に縮まらない。それなのに、ケンタの元カノ・鳥居鈴(とりい・りん)から「友達じゃなく、恋愛の好きだわ」と告白!? さらに、死んだはずの弥白の身体が生きていることが発覚。でも、中身は神楽になっていて……。

男女入れ替わりで巻き起こる“好き”の交錯。愛のカタチは様々でも、性別や常識を乗り越え、人が人を真剣に好きになる、そのピュアで一途な思いが鮮やかに描き出され、真っ直ぐに人の心に響く――。

自分の恋心に戸惑いながらも、親友・ケンタに思いを伝えようとする弥白を演じるのは、『恋する母たち』(2020年・TBS)、『おじさんはカワイイものがお好き。』(2020年・YTV)、『推しの王子様』(2021年・CX)と、話題のドラマへ立て続けに出演し、ネクストブレイク俳優として注目を集める藤原。本作でドラマ初主演を務める。

一方、弥白が生まれ変わる女子高生・神楽役には、弱冠18歳にして既に出演ドラマ・映画は50本以上、『24時間テレビ ドラマスペシャル「生徒が人生をやり直せる学校」』(2021年・NTV)をはじめ数々の作品で確かな演技を魅せる傍ら、「Seventeen」の専属モデルとしても活躍する桜田。次世代を担う2人が、本作で初共演を果たし、さらに、お互いの中身が入れ替わり、1人で男女それぞれの内面を演じ分ける難役に挑戦する。

弥白の親友で思い人・ケンタ役には、今年から本格的に俳優活動をスタートし、『ネメシス』(2021年・NTV)でドラマデビュー以降、『あのときキスしておけば』(2021年・EX)、『この初恋はフィクションです』(2021年・TBS)に出演、瑞々しくも躍動的な存在感を放つ窪塚愛流、中身が弥白に入れ替わった神楽に好奇心を抱く超肉食系女子・鈴役には、「顔面最強女子」を決める「VoCE」専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、『アンラッキーガール!』(2021年・YTV)でもレギュラーを務める新井舞良と、今後の活躍が期待されるフレッシュな俳優陣が集結した。

そして、弥白と神楽の中身を入れ替える、気まぐれで神出鬼没の神様役は、様々なマンガ原作の実写化を担ってきた実力派、古川雄輝が具現化。大人の色気で作品にアクセントを加える。

“好き”は性別も常識も超える!? 女の子に生まれ変わった弥白の思いはケンタに届くのか、前途多難な恋の行方は――。新感覚ラブストーリー開幕!

<藤原大祐 コメント>

このお話を頂いたのは1年ほど前だったのですが、まだ駆け出したばかりの僕に主演を任せて頂けたことがとても嬉しかったです。喜びが大きい分、同時に強い責任も感じました。僕の演じる弥白は物語の主人公でありながらも、ケンタといる時は常に2番目。「ケンタが1番で弥白は2番」という意識を大切にして、ふとした時に優しさが垣間見えるように演じました。入れ替わりを演じる上で、神楽というキャラクターは、女の子に振り切ることができない難しさがありました。ですが、立ち方、歩き方、話し方などの所作は、やはり女性と男性とでは大きく違うので、役作りをする上で研究しました。この作品は「性の多様性」「愛の自由さ」という社会的テーマを扱いながらも、それをポップに描いているのが見どころです。原作にはない新たな設定が加えられているのですが、原作ファンの方にも新たな気持ちで楽しんでいただければと思います。

<桜田ひより コメント>

私が恋愛ドラマ!? と驚きましたが、原作を読み進めていくうち、「これは……ただの恋愛ものじゃない……!」と、にやけてしまいました。人を好きになり恋をすることは、楽しいだけではなく、傷ついたり落ち込んだり、苦しくなったり辛くなったりもしますが、それでも人間はたった1人を愛すること、大切な人を思う気持ちは何よりも美しいなと感じます。私が演じる「神楽/カグラ」は、中身が男性に入れ替わる難しい役なので、外出時は男性の仕草に注目しながら人間観察し、カッコいいだけではなく、柔らかく、包み込むような優しさを持つキャラクターになるように演じました。色々な恋愛のカタチがあり、一人ひとりの物語があります。最終話までそれぞれの恋を応援していただけたら嬉しいです。余談ですが、右近役の犬・こまちゃんがとにかく可愛いので、そちらもお楽しみにしていただきたいです。

<窪塚愛流 コメント>

青春学園ドラマに出演できることがとても嬉しかったです。脚本を読んだ時にクスッと笑えるところや涙するところもあり、撮影が待ち遠しかったです。これまで出演したドラマの中でも登場シーンや台詞が一番多かったので、ひたすら壁にぶつかりましたが、その壁は“苦”ではなく、とても楽しかったです。ケンタは女の子がキュンとすることをサラッとこなす、とてつもない“チャラ男”ですが、人に流されずナヨナヨせず、真っ直ぐに自分の気持ちを貫く男でもある。そんな姿を演じたいと思いました。僕自身、このドラマを通して”好き”とは何か、どういうことなのかと考えさせられました。正解なんてないんじゃないかと感じることもあります。皆さんにとって“好き”とは、どういうことなのか。ケンタと一緒に考えてみませんか?

<新井舞良 コメント>

出演が決まった時、素直にめちゃくちゃ嬉しくて喜びました。鈴は喜怒哀楽がハッキリしていて、人一倍情に熱く、強い、すごく魅力的な女の子なので、愛くるしく思ってもらえるよう、大切に丁寧に楽しく演じました。原作はどう演じようか考えながら読んでいくのがとても楽しかったです。脚本も印象に残る台詞が多く、話の展開も惹きつけられました。みんなそれぞれ自分の役割を一生懸命こなしている姿を見て、私もこの作品を素敵なものにするために、もっともっと追求してパワーアップしたいと思いながら撮影に臨みました。皆さんにこの作品をお届けできる日を私も待ち望んでいます! ぜひ楽しみに待っていてください!

<古川雄輝 コメント>

とても貴重な役柄である神様を演じることとなり、撮影がとても楽しみになりました。基本は原作のイメージを大切にしながら演じたいと思い、自由に動けてお芝居の選択肢が多いキャラクターでもあるので、色々試しながら演じさせていただきました。そして、以前よりお世話になっている森谷プロデューサーと再度お仕事ができ嬉しかったです。本作品は、同性同士の恋愛物語に転生の要素も含まれる面白い作品だと思いました。私より若いキャストの方々が多い現場で、本当の学校の様に楽しい雰囲気の中、スタッフ・キャストの皆様と良い作品が作れるように頑張って撮影しました。性別や見た目ではなく、人が人を愛しく思う姿をお楽しみください。また、神様の相棒であるワンちゃんの右近のお芝居がとても可愛いのでご注目ください。

<原作者・小村あゆみ コメント>

(ドラマ化が決まった時は)「えっ? 本当に? 大丈夫かな!? こんなに実写しにくそうな漫画なのに!?」と思いましたが、とても嬉しかったです。全部のシーンが楽しみですが、一番楽しみなのは弥白が神楽になった後。……神様や右近ちゃんが実写でどう表現されるのかもとても気になります! 漫画を描いている時はキャラクターの人生を追いかけることに必死でしたが、この作品を通して、みなさんが「自分だったらどうするかな?」って考えてみるきっかけになれば嬉しいです。プロの方々が作ってくださった新しい『神様のえこひいき』。私も皆様と同じ新鮮な気持ちで拝見いたします! どうぞよろしくお願いいたします!