内田有紀が27年前・18歳の自分と奇跡の共演、現在46歳の誓いも表明

内田有紀が12月1日(水)発売の『STORY』1月号(光文社)の表紙に登場している。

【写真】46歳の誓いを表明する内田有紀、ほか『SOTRY』掲載カット

内田有紀が『STORY』の表紙を飾るのは今回が初。なんと、27年前の自分と奇跡の共演を果たしている。

1994年に、18歳にして雑誌『JJ』(光文社)の表紙を飾った内田有紀。46歳の今、当時の自身と表紙で共演すると共に、誌面では当時の自身を振り返っている。

また、同号の大特集ではOver45世代"アネフォー"になっても輝きを増すモデル美香、畑野ひろ子、長谷川理恵、稲沢朋子、SHIHOの5人のオシャレの楽しみ方を掲載している。

さらに、「STORYweb」では思春期ママの子育て応援プロジェクト「JuniorSTORY」を開始。高校生、小学生、幼稚園児と各世代3人の子どもを育てながら、女優としても第一線で活躍している広末涼子を始め、尾木ママこと尾木直樹のジュニア子育てクリニックなど、豪華連載陣たちのコンテンツは必見となっている。

【合わせて読む】グラビア界一の黄金比ボディ・名取くるみのデビュー秘話「このTバックは何?と思いながら試着を」