元AKB48 大和田南那の語るグラビア愛「40歳を超えるくらいまでグラビアを続けたい」

11月30日(火)に自身2冊目となる写真集『private』(光文社)を発売した、元AKB48で現在はタレントや女優として活躍している大和田南那。今回はグラビアを愛する彼女が絶賛する3冊と、最近のプライベート事情を聞いた。(前後編の後編)

>>前編はこちら

【写真】1st写真集より大人っぽくなった、大和田南那の撮りおろしカット【12点】

──女性の写真集をよく買うそうですが、今現在は何冊ぐらい所有しているんですか?

大和田 たぶん20冊ぐらいだと思います。可愛いって思う方の写真集は迷わず買います(笑)!

──せっかくなので、お気に入りの写真集を3冊挙げていただけますか?

大和田 一番見返しているのは、平祐奈さんの『Comme le Soleil』です。ベトナム・ダナンで撮られているんですけど、色合いが鮮やかで素敵なんですよ。特に、祐奈さんの横顔とお花を一緒に撮ったカットが好き過ぎて数えきれないほど見返しています。もう1冊は広瀬すずさんの『17才のすずぼん。』。お顔が可愛いのはもちろんですが、撮り方がおしゃれで、見ているだけで楽しい気持ちになれるんです。水着カットも収録されていて、今となっては「レアだな」と思って見返しています(笑)。

──ファン目線ですね(笑)。3冊目は何でしょう?

大和田 長谷川京子さんの『Just as a flower』です。シーツみたいなものを身にまとって濡れて地肌が透けているカットが有名ですけど、とにかくエロい……。私にはまだ到底真似できない色気があって憧れるし、これを見て私も長谷川京子さんの年齢までグラビアを続けたいなと思いました。年齢を重ねることって素敵なんだなって、この写真集を見返すたびに思います。

──長谷川さんが『Just as a flower』を出したのは41歳のとき、大人の女性の美しさが話題になりました。とはいえ、大和田さんも20歳を過ぎて大人っぽくなったと言われることも増えたのではないですか?

大和田 中学・高校の頃って、20歳になったら大人っぽくなるんだろうなと思っていたんですけど、実際になってみるとあまり変わってないんですよね(笑)。あ、でも服の趣味は変わりました! 元々はフリフリの白いワンピースとか女の子っぽい服が好きで、今でも着たい気持ちもあるんですけど、なるべく大人っぽくしたいなと思って、最近は黒やパンツを選ぶようにしています。

──服装の変化について周りから言われることはありますか?

大和田 前は「南那ちゃんと歩いていると周りに気付かれる」と言われるぐらい派手な格好をしていたんですよ。でも最近は暗めのトーンにしているので「大人になったね」「街に溶け込めるようになったね」と言われます(笑)。

──髪も前より短くなりましたよね。

大和田 写真集の撮影が終わってから、役のために25センチほど切りました。ファースト写真集のときにも自分から20センチぐらい髪を切ったんですけど、それ以来2年ぶりですね。いっそ坊主とかにも挑戦したいぐらい大胆なイメチェンに憧れがあるのでためらいはなかったですし、気分が変わって、めっちゃ良いです! それに自分では長い方が顔に合っているのかなと思っていたんですけど、意外と短い方も好評なのでうれしいです。

──最近プライベートでハマっていることはありますか?

大和田 うーん……あっ、中型2輪免許を取りました! お父さんが趣味でレースにも出ているくらいバイク好きなんですけど、うちは3姉妹なので誰もバイクに興味がなかったんです。でも20歳を超えて何か新しいことを始めたいなって相談したら「バイク始めなよ!」ってパパに言われて。他にやりたいこともないし、軽いノリで免許を取りました(笑)。

──それはすごい!

大和田 車の免許は持っていたので実技だけだったんですけど、それでもめっちゃ乗るのが難しくて……。初めてS字コースの講習を受けたときに、「ハンドルをしっかり握っていればスピードは出ないから」と言われていたんですけど、力んだせいでバーン!ってすごい音が鳴って、それに驚いてクラッチを放しちゃったんですよ。それで思い切り激突しちゃって(笑)。それがトラウマ過ぎて1カ月ぐらいは教習所に行けなくなったりして、結局半年くらいかかりましたね。

──今は余裕で路上に出られるんですか?

大和田 大丈夫だと思いますけど、免許を取ってから一度もバイクに乗ってないです(笑)。実家に帰るたびにお父さんから「ツーリングに行こう」って誘われるんですけど、怖くて先送りしています。

──お父さんは大和田さんがバイクの免許を取って、相当うれしかったんじゃないですか?

大和田 めっちゃ喜んでいました。手袋やバイク用のブーツを上機嫌で買ってくれましたし(笑)。教習所に通っていたときも、毎日のように「今どの辺まで進んだの」って連絡がきましたからね。S字コースの話をしたら「実家に帰ってきたときに練習しようよ」って言われたんですけど、それは不安で断りました(笑)。でもいずれは苦手意識を克服して、YouTubeチャンネルでバイクに乗る企画もできたらなと考えています!

──YouTubeチャンネルの企画はどうやって考えているんですか?

大和田 スタッフさんと考えたり、自分のやりたいことをさせてもらっています。自分で始める前からいろいろなYouTuberさんの動画を観ていたので、やりたいことがありすぎるくらい(笑)。今やりたいのは、おばあちゃんの大和田南那コレクションを見ること。雑誌とかがダンボールで5箱分ぐらいあるらしいんですよ。

──それは面白そうですね。今年7月にリリースした1stイメージDVD『21』もその中にあるんですかね?

大和田 買ってくれたみたいですけど、見ないでそのまま保存していると思います(笑)。親も買ってくれたんですけど、最後まで観られなかったみたいで。恥ずかしいとかじゃなくて「さすがに2時間も南那を見続けるのは……」って(笑)。

──家族ならではの意見ですね(笑)。2021年はコロナ禍の中でも、ドラマ、グラビア、イメージDVDと写真集の発売、YouTubeチャンネルとフル回転でしたね。

大和田 自分では全然満足できてないので、来年はもっと頑張りたいです。具体的には、コンスタントに連続ドラマに呼んでいただけるようになりたい! YouTubeではチャンネル登録者数10万人突破を目指しています。

──写真集イベントも予定しているそうですが楽しみですね。

大和田 すごく楽しみです。そういえばイメージDVDのリリースイベントに、昔からのファンの女の子が来てくれたんです。そしたら開口一番、「報告があるんだ」と言われて、前から恋愛の話をしてくれていた記憶があったので、「彼氏できたの?」って聞いたら、まさかの「結婚しました」という報告で(笑)。写真集のイベントも「旦那と行く」と言ってくれて、お互いに成長したんだなって感動しました。

──大和田さん自身、結婚願望はありますか?

大和田 おばあちゃんが20歳ぐらい、お母さんが19歳、2つ上のお姉ちゃんも既婚と、うちの家系は早婚家系なんです。私も小さい頃は20歳になったら結婚しているものだと思っていたんですけど……今は30歳手前ぐらいで結婚できたらいいな~って思っています。3つ下の妹に先を越されないか心配ですけどね(笑)。

(取材・文/猪口貴裕)

▽大和田南那(おおわだ・なな)

1999年9月15日生まれ、千葉県出身。2013年にAKB48の15期生として加入し、2017年に卒業。現在は女優、タレントとして活躍中。

Twitter:@Nana_Owada728

Instagram:nanaowada_official