村上春樹がセールスを断る方法は……「すみません、今ちょっと猫を洗っている最中で、手が離せないんです」
作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00~19:55)。11月28日(日)の放送は「村上RADIO~村上の世間話~」をお届けしました。村上さんの身に起きた最近の話から、お店を訪れたときのエピソード、車にまつわる話まで、さまざまな世間話をジャンルレスなグッドミュージックとともにお送りしました。世間話では、長編小説『1Q84』の創作に関わる“あるエピソード”も披露しました。
この記事では、オープニングトークと「世間話① 猫を洗う」「世間話② ネガティブ票」についてお話された概要を紹介します。


こんばんは。村上春樹です。今日は「村上の世間話」ということで、あれこれ世間話をします。役に立つとか、何か教訓が含まれているとか、そういう立派な話じゃないので、まあ猫の頭でも撫でながら、適当にはいはいと聞き流してください。にゃー(猫山)

その合間に僕の好きな音楽をかけます。秋の日曜日の夕暮れ、気楽にお付き合いください。



このあいだ渋谷の近くを歩いていたら、細い道の入り口に「この先に隠れ家バーあります」という看板が出ていました。隠れ家バーならそんな宣伝するなよな、とか思いますけど、しかし誰にも存在を気づいてもらえない隠れ家バーというのも、やっている方にとってはけっこうきついものなんでしょうね。むずかしいところです。

世間話① 猫を洗う
うちで何かを作業しているときに、セールスがらみの電話がかかってくることってよくありますよね。僕は物書きで、だいたい自宅にいて仕事をしてますから、そういう電話はかなり困りものです。でもね「今、忙しいんで」とか言って、がちゃんと電話を切っちゃうのも、なんか愛想がなくて、相手に悪いような気がします。で、これまでは「今、ちょっと料理をしている最中なんで、手が離せなくて、すみません」とか適当な理由をでっちあげて断っていたんですが、なかには「じゃあ、いつ料理は終わりますか?」みたいな引かない人もいて、これも困っちゃうんで、最近では「すみません、今ちょっと猫を洗っている最中で、手が離せないんです」と言って、断るようにしていました。

するとだいたい相手は意表を突かれて、すぐに電話を切ってくれます。「じゃあ、いつその猫を洗い終わるでしょうか?」なんて尋ねる人はいなかったですね。そんなの、猫次第ですものね。どれくらいかかるかはわかりません。猫を実際に洗ったことあります? 猫ってだいたい水が嫌いですから、かなり抵抗します。ずいぶんひっかかれました。お風呂に入ると気持ちいいと思うんだけどね。
にゃー(猫山)

◆The Presidents Of The United States Of America「Kitty」

The Presidents Of The United States Of Americaというすごい名前のバンドの演奏です。曲は「Kitty」。

世間話② ネガティブ票
選挙があるたびに、いつも投票率の低さが世間で問題になりますが、投票率を画期的に高めるための方策が僕にはひとつあります。それは「ネガティブ票」を導入することです。これ、どういうことかというと、普通は選挙って「この人を当選させたい」と思って、その人の名前を書いて投票しますよね。それはポジティブ票です。でも「当選させたい」と思える人が見当たらない場合、「こいつだけは当選させたくない」という候補者にマイナス票を1票投じることができる――それがネガティブ票です。投票する人は投票所で、ポジティブ票かネガティブ票か、どちらかひとつを自由に選択することができます。

僕は思うんだけど、選挙ポスターを見ていて、「この人をぜひ当選させたい」というより、「こいつだけはぜったい当選させたくない」っていうことのほうが、むしろ多いんじゃないでしょうか? だから、ネガティブ票制度を導入すれば、投票率はきっと飛躍的に伸びるはずだと思うんだけど……。でも、きっとこのアイデアは採用されないだろうな。プラス票よりマイナス票のほうが多い人がでてきたりしてね。まあこれね、ただの個人的な提案です。

<番組概要>
番組名:村上RADIO ~村上の世間話~
放送日時:11月28日(日)19:00~19:55
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/