「爆破のシーンで笑っちゃって…」佐藤栞里出演ドラマを観たチョコプラの感想に佐藤も愕然!?
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、チョコレートプラネットのお2人と佐藤栞里さん。ここでは、佐藤さんが喜多見涼香役で出演していたドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~(以下:TOKYO MER)」(TBS系列)を観たチョコプラの2人が、本人に直接感想を伝えることに!

この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(手前から時計回りに)長田庄平さん、松尾駿さん(ともにチョコレートプラネット)、佐藤栞里さん

◆「そういう関係性になっちゃってる」(長田)

松尾:栞里ちゃんさ、ちょっと前にドラマに出ていたじゃん。

佐藤:はい、「TOKYO MER」に。ありがとうございます。

松尾:本当にすごかったよ。本当に……笑わせてもらったよ。

佐藤:ねぇ(笑)!

松尾:いや、違うんだよ。ドラマ自体は、めっちゃ面白くて良いドラマだったんだけど、それこそ栞里ちゃんは(俺らにとって)本当に妹的な感覚だから。

佐藤:ありがたいです。

松尾:なので“絶対に笑うところじゃない”っていうのは分かっているんだけど……栞里ちゃんが爆破に巻き込まれたシーンで笑っちゃってさ(笑)。

長田:俺も笑っちゃった(笑)。

佐藤:本当ですか!? (爆破のシーンで笑う人なんて)この世で2人しかいないですよ!

長田:これはでも“そういう関係性になっちゃってる”っていうことなんだけどね。これも不謹慎かもしれないんだけど、もし相方が死んだとするじゃん。葬式で相方の顔に白い布が被せられていると。

佐藤:お花とかをみんなからいただいて。

長田:それで、「最後にお顔を見てあげてください」って言われるじゃん。ペラッてめくったら……俺、笑っちゃうと思うの(笑)。

松尾:(栞里ちゃんは笑わない)自信はある? 俺が死んだとき。

佐藤:今、実際に(松尾さんが)バンダナで顔を隠しています。

松尾:栞里ちゃん、1回練習してみて。

佐藤:分かりました。不謹慎かもしれませんが……。

長田:「顔を見てあげてください」

佐藤:(バンダナをペラッとめくって)……ハハハハ。

松尾:なに笑ってんだよ(笑)!

佐藤:本当だ(笑)。

長田:やっぱり笑っちゃうのよ。

佐藤:(松尾さんは)幸福顔ですからね。

松尾:そういうことなんだよ、栞里ちゃんの爆破のシーンも。

佐藤:そういうことか、なんだか理解できた気がします(笑)。

◆スピンオフ作品「涼香」を妄想!?

松尾:これからは、またドラマに出たりするの?

佐藤:いやいや、そんなもう……。

松尾:でも、すごく評価が高かったじゃん!

長田:うん!

佐藤:そんなそんな。今回は本当に素晴らしい作品に出会わせてもらって……なんか、すごく女優さんみたいな(言い方に)。

チョコプラ:そうだったね。

佐藤:ヒー(笑)! でも、本当に素敵な方たちに支えていただいて、“やっとできた”っていう感じなので。本当に(演技の)自信はないんです。

松尾:いやいや、これから絶対に声がかかるって。

長田:また(オファーが)来ると思うよ。

松尾:“こういう役をやってみたい”とかはないの?

佐藤:えー!? ちょっと、それは……。

松尾:今の反応は、ある感じじゃん?

佐藤:いや、(TOKYO MERで)喜多見涼香っていう子をやらせてもらったんですけど、本当に(私が)涼香さんを好きすぎて、それ以上(他の役を演技するのが)考えられなくなっちゃったんです。

長田:だから、あの役はめちゃくちゃハマってたよね。“等身大”って言ったらあれだけど。

佐藤:ありがたかったです。でも、“(涼香さんは)すごく強い方だな、私はやっぱり弱いな”って、すごく思っちゃいました。

松尾:じゃあ、涼香役だったらいいってこと? TOKYO MERのスピンオフ「涼香」なら?

3人:ハハハハ(笑)

佐藤:ないないない(笑)。

松尾:ないって何よ? (栞里ちゃんの演技が)良かったんだから、あるかもしれないじゃん。

長田:それは分からないよね。

佐藤:スピンオフ「涼香」(笑)?

長田:2時間スペシャルであるかもしれないよな。

佐藤:2時間も涼香(笑)!?

長田:3夜連続で、あるかもしれない。

佐藤:長い……(笑)。

<番組概要>

番組名:TOKYO SPEAKEASY

放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00

番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/