ヤクルト・川端 (C)Kyodo News

【日本シリーズ第6戦】

● オリックス 1 - 2 ヤクルト ○

<11月27日 ほっと神戸>

 オリックスとヤクルトによる「SMBC日本シリーズ2021」第6戦が27日に行われ、延長12回の熱戦を制したヤクルトが対戦成績を4勝2敗とし、20年ぶり6度目となる日本一を決めた。

 ヤクルトは1-1の同点で迎えた延長12回、二死から1番・塩見が左前打で出塁すると、相手のバッテリーミスで二塁へ進塁。ここで代打の切り札・川端が左前にポトリと落ちる適時打を放ち、二走・塩見が決勝ホームに滑り込んだ。

 投手陣は先発の高梨が5回途中1失点と試合を作り、以降はスアレス、清水、田口、マクガフが無失点リレー。最後はマクガフが3回無失点のロングリリーフで締めた。

 近年、稀にみる接戦続きのシリーズを制し20年ぶりの日本一。セ・リーグ勢の日本シリーズ制覇は、巨人が日本ハムを4勝2敗で下した2012年以来、9年ぶりとなった。