オリックス・中嶋監督

【日本シリーズ第6戦】

● オリックス 1 - 2 ヤクルト ○

<11月27日 ほっと神戸>

 27日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第6戦 オリックス-ヤクルト』で解説を務めた大矢明彦氏が、失点した延長12回のオリックスバッテリーについて言及した。

 1-1の12回二死走者なしからオリックスは、吉田凌をマウンドに送る。吉田は塩見泰隆にレフト前に運ばれると、続く代打・川端慎吾の打席中に捕逸で一塁走者の塩見を二塁に進めてしまう。ここを踏ん張りたいところだったが、川端に3ボール2ストライクから投じた7球目のスライダーをショートとレフトの間にポトリと落ちる安打で、二塁走者の生還を許した。

 大矢氏は「ミスがあって川端に繋がれちゃいましたよね。スコアリングポジションまでランナーが進んでしまいましたのでね。少し高かったですけど、バッテリーも勝負で川端を打ち取りにかかったんですけど、ボールでもいいやというのがありませんでしたから」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)