ジャニーズWEST(重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濱田崇裕、小瀧望)の冠番組『あなたの代わりに見てきます!リア突WEST』(ABCテレビ・テレビ朝日系、毎週日曜13:25~)が、11月28日に放送される。

ジャニーズWESTのメンバーが記者となって日本全国に数多く存在する“理解不能”な人や場所、通称「リア突案件」に突撃取材する同番組。記者魂あふれるジャニーズWESTが、炎のリンボーダンスや四足歩行で街ブラ、ガチの古墳づくり、洞窟を歩き回っての地図起こしなど、過酷なロケに挑む体当たりドキュメントバラエティ。

今回は濱田と小瀧が「28年間 辛さを求めたハッピー女」にリア突する。美しい緑に囲まれたオープニングVTRの中には、動きやすさ重視(?)の薄手の衣装で「(中に着る)パッチくらいなかったん!?」と震える濱田と小瀧。訪れたのはわざびの産地として知られる静岡の中伊豆で「イヤな予感がする」「絶対わさび食べるやん……」と、テンション低くスタートする。

現れたのは、わさびに魅せられて品種改良などに長らく携わる研究者の女性。「久しぶりにオレ、テンパってる!」(小瀧)とあたふたしながらも「(わさびは)笑いながらすりおろすとおいしくなる」と指南されて素直に実行。メンバーは過酷なロケを予感し同情のまなざしで見守るが、一瞬映った楽しそうな飲食シーンを見て態度を一変。「一回止めて!」(桐山)「思ってた感じと違うなー」(重岡)と文句をつけ始める。

まずはいろいろなわさびを食べ比べることに。的確な感想を述べて「天才天才!」と褒められる小瀧に対し、はじめはよかったがハズした途端に「もう天才じゃない」と言われてしまう濱田。せっかくの食べ物系ロケなので、スタジオにも土産として持って帰ることになる。

VTRの撮れ高を気にした研究者から振られる「わさびゲーム」や「わさび川柳」を懸命にこなしながら、わさび採りに精を出す濱田と小瀧。メンバーは、わさびを見続けたためか「すし食いたいなー」などと楽しそうに見ていたはずが、だんだんと「やってんなー!」(中間)と憤りだして……。

なお前回の放送では、中間と神山が「見る者全てをパニックに陥れるシスター」にリア突し、パントマイムを習得した。