ギャランGTOの後継モデルだったラムダは北米市場で2代目ダッジ・チャレンジャーに!|1979年式ダッジ・チャレンジャー Vol.1

1976年に登場したギャラン・ラムダは1978年からダッジ・チャレンジャーとして北米でも販売された。

そんな日本生まれのアメリカ車に魅せられた横浜生まれ、ハワイ&カリフォルニア育ちの一人の少年の物語

【1979年式ダッジ・チャレンジャー Vol.1】

 1964年に登場したフォード・マスタングに代表されるポニーカー(比較的コンパクトで安価な2ドアスポーティーカー)の大ヒットは、60年代後半から70年代にかけて、さらにハイパワーなエンジンを搭載したマッスルカーへと進化をしていった。

▶【画像25枚】排ガス対策としてMCAジェットを採用した。デボネアに採用されているエンジンと基本的に同型となる2.6L水冷直列4気筒G54B型エンジンなど

 日本では、そんなアメリカの流行を受けて70年に登場した、ダックテールが特徴的な三菱ギャランGTOが、多くの話題と人気を集めた。

 そのギャランGTOの後継モデルとして登場したのが、ギャランΛ(ラムダ)だ。1976年5月に発売されたセダンモデルのギャランΣ(シグマ)から、約半年遅れての発売となった。

 角形4灯のヘッドライトや、サイドに回り込んだリアウインドーと幅広のBピラーなど、当時のアメ車の流行を色濃く反映した斬新なデザインが話題を集めた。当時人気を博したテレビドラマ「華麗なる刑事」で、草刈正雄扮するロサンゼルス帰りの刑事「ロス」の愛車として登場していたのを覚えている方も多いことだろう。

1979年式ダッジ・チャレンジャー

SPECIFICATION 諸元

全長 183.1in

全幅. 65.9in

全高 51.8in

ホイールベース 99.0in

エンジン型式 4G54型

エンジン種類 水冷直列4気筒SOHC

総排気量 2555cc

ボア×ストローク 91.1mm×98mm

圧縮比 8.2:1

最高出力 105bhp/5000rpm

最大トルク 139lb-ft/2500rpm

シングルキャブレター

変速機 フルシンクロメッシュ式前進5段・後退1段

最終減速比 3.308

サスペンション 前/後マクファーソンストラット式独立懸架/4リンクコイル式

ステアリング形式 ボール・ナット式

ブレーキ前/後 ディスク/ドラム

ホイール前後とも 14インチアルミ

タイヤ前後とも 195/70HR14

【2】【3】に続く