ユーグレナ、EC化率50%に成長 直販売上高は35.1%増の131億円

ミドリムシを原料にした健康食品の通販事業などを手掛けるユーグレナの2020年10月―2021年9月期(第4四半期)の連結業績における直販売上高は、前年同期比35.1%増の131億円となった。5月に買収した、キューサイの売上高が加わったほか、ユーグレナや、子会社であるMEJなどの、ECを中心とした売上高が伸長した。ユーグレナのオンライン購入比率は50%に達したとしている。

 

ユーグレナは、決算期を9月から12月に変更した。2021年12月期は、2020年10月―2021年12月の15カ月間の変則決算となっている。

 

2020年10月―2021年9月期における、キューサイを含めたヘルスケア事業の売上高は、232億3900万円となった。

 

キューサイを除く、ユーグレナ、MEJ、エポラ、LIGUNA(リグナ)の直販定期購入者数の合計は、34万人となった。直販オンライン売上比率は、21年9月末時点で、50%に達したとしている。

 

ユーグレナグループの中でも特に、MCTオイルなどを配合した「C COFEE(シーコーヒー)」を展開するMEJの売上高が、前年同期比3.5倍に伸長したとしている。ユーグレナが2020年にリブランディングした健康食品「からだにユーグレナ」の売上高は、前期比5%増となったとしている。

 

ユーグレナによると、5月にグループ化したキューサイの2021年12月期(2021年1―12月期)の単体の売上高は、250億円を上回る勢いで推移しているという。キューサイは2021年12月期中に広告投資を増加させた結果、2021年9月末時点の定期顧客数が48万3000人になったとしている。