幾人かのオーナーの手を経て、戻ってきたサバンナ|1975年式 マツダ サバンナ GT Vol.1

【1975年式 マツダ サバンナ GT Vol.1】

1度手に入れてチューニングしたりして楽しんでいたが、事情があって売却したクルマが、今も懐かしいというのはよく耳にする話。そのクルマが程度のいいコンディションだったりしたらなおさらのことで、一般の個人オーナーでは、なかなか買い戻すことはできないもの。ここで紹介するサバンナGTは、旧車専門店から販売され、何人かのオーナーの手に渡りながら、現在はその専門店の代表の元で、公道復帰の準備が進められている。

 日本のモータースポーツシーンで、最も有名なライバル対決が、王者ハコスカGT‐Rとロータリーエンジンを搭載するサバンナの激烈な戦いだ。最終的には、サバンナがGT‐Rの50連勝にストップをかけ、その後ワークス撤退にまで追い込んだ。しかも、サバンナはその後も勝利を積み重ね、最終的には、通算100勝を達成したのだ。

いわゆるセミワークスと呼ばれるタイプのオーバーフェンダーなど【写真24枚】

1975年式 マツダ サバンナ GT(S124)

SPECIFICATION 諸元

●エクステリア:セミワークスオーバーフェンダー、オリジナルフロントスポイラー、マツダスピード製リアスポイラー(当時モノ)

●エンジン:13B型改ブリッジポート仕様、FD3S用ローターハウジング、9.7ローター、3mmカーボンアペックスシール、両面6mmブリッジポート加工

●吸排気系:ウエーバー48IDA(ダウンドラフト)、ERC製φ60mmステンレスマフラー

●点火系:フルトラ、CDI

●燃料系:インタンク式燃料ポンプ、燃圧レギュレーター

●駆動系:クロモリフライホイール、強化&メタルクラッチ

●サスペンション:(F))AE86用車高調(バネレート6kg/mm)、(R)強化サス、コニー製ダンパー

●ブレーキ:(F)AE86用キャリパー

●インテリア:Amon製ステアリング、特注生地にてシート張り替え、ダッシュボードリペア、大森製追加メーター(油圧、水温、油温)

●タイヤ:クムホV700(F)215/50R13、

(R)235/45R13

●ホイール:マツダスピード製マグホイール(当時モノ)

(F)13×9J、(R)13×11J