【12星座占い】11月22日~12月21日運勢「蟹座(かに座)」の運気は?【マリュたんのマンスリー星占い】

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする月間星占い「蟹座(かに座)」2021年11月22日~12月21日)。LINEトーク占いやWebサイトをメインに占い記事の執筆からコンテンツ監修、占い講師など多岐にわたって活躍中の、“マリュたん”の愛称で親しまれているマリユドゥ(真龍人)が贈る、ひと月を快適に過ごすためのマンスリー星占い。太陽が射手座(いて)座に移動した日からおよそ1ヵ月間の占いです。沖縄県・石垣島の大自然の癒やしのパワーとともに星たちからのメッセージで開運のヒントをお届けします♪ 今月のあなたの運気は……?

(監修:東京・池袋占い館セレーネ所属の占い師・真龍人(マリユドゥ)さん)

石垣島の星空:撮影協力/石垣島星空フォトTERU

11月22日に太陽がさそり座からいて座に歩みをすすめ、世間のムードもパッと明るくなりそうな暗示。水星もそれを追いかけていくので、冒険心や探求心が高まる傾向も。

水星は12月半ば頃まで太陽に寄り添っていますので、コミュニケーション能力も高まるはずです。どんなことでも「まずはやってみる」「言葉にしてみる」という姿勢が大切かもしれませんね。

海外旅行などはまだ先になりそうですが、海外へのあこがれなども出てくるので、長期的な目標を立てるのも良いでしょう。

12月に入ると4日に皆既日食を迎えます。今回の日食は日本からは見られませんが、2021年最後のターニングポイントになりそうです。

また、13日にはエネルギーの星・火星もいて座に入り、さらに向上心に火が付きそうです。その翌日の14日には、水星がやぎ座に歩みを進め、中旬以降の仕事運に変化の予感。まじめで誠実な勤務態度が評価されそうですが、仕事や勉強などには不屈の精神で臨めばキャリアップや転職のチャンスを得ることもできるはず。

一方、19日からは金星が逆行をはじめます。この期間は「愛」や「豊かさ」に関して振り返りや滞りがあると言われています。金銭面では少々心配な面もありますが、恋愛面では、昔の恋人を思い出したり、復縁のチャンスも。19日の満月に向けて、アンチエイジングや美容に力を入れるのもオススメですよ! 星座ごとの星からのメッセージを参考にして、いて座のシーズンを快適に過ごしてくださいね♪

◆蟹座(かに座:6月22日~7月22日)

2021年の終盤に向けて、再調整できる季節に入ります。太陽は「労働と健康」を示す部屋を運行し、仕事と健康にスポットライトが当たります。食生活の見直しも必要になるかもしれません。

12月4日の日食を伴う新月がターニングポイントとなるので、マイルストーンの見直しやスケジュールを大幅に見直してみるのも良いでしょう。

12月13日にエネルギーの星・火星がいて座に移動すると、特に仕事面での責任感が高まりそうです。オーバーワークになる傾向もあるので、体調管理はこれまで以上にしてくださいね。翌日には水星がやぎ座に移動し、対人面が活性化し社交的になれるはず。

一方、金星が逆行をはじめる19日は満月も迎え、パートナーがいる人は2人の歯車がうまくかみ合わないなんてことも。相手を信頼する気持ちも必要になりそうです。

■監修者プロフィール:真龍人(マリユドゥ)

西洋占星術・心理占星術研究家。愛称は”マリュたん”。20代より占星術を学び、社会人経験を経て2017年より対面鑑定、チャット鑑定、メール鑑定を開始。LINE占いコンテンツ「石垣島の宿命師 マリユドゥ」の監修も手掛ける。2019年に拠点を石垣島へと移し、西洋占星術とタロットを組み合わせ、お客様の明るい未来を創るサポートに日々励んでいる。占い講師としても活動中。

個人サイト:https://linktr.ee/Maryudu

Webサイト:https://selene-uranai.com/