1047台ものマツダ車が里帰り。おむすび型の高速周回路をパレードラン!|三次試験場50周年マツダファンミーティング Vol.3

【三次試験場50周年マツダファンミーティング(イベントふりかえり) Vol.3】

 1965年6月に開業して、ロータリーエンジンからスカイアクティブ技術まで、マツダの技術を磨き、育んできたテストコース「三次試験場」が開場50周年を迎えた。それを記念して、マツダファンによって「三次試験場50周年マツダファンミーティング」が開催され、全国から1047台が参加。マツダのルーツともいえる大切な場所で、マツダの開発陣や社員、そしてオーナーが一体となった盛大なミーティングをリポート。

【1】【2】から続く

 シルバーウイークの9月20日、マツダの三次自動車試験場には発売されたばかりのロードスターやCX-3だけでなく、往年の名車も多数姿を現し、健在ぶりを強烈にアピールした。三次の試験場に集まってきた新旧マツダ車の総数は、なんと1047台だ。パレードランのために高速周回路のストレート部分1.8kmは歴代のマツダ車で埋め尽くされている。そしてメイン会場の広場にも1960年代から町の景色を変えたマツダ車が並べられ、ファンの目を楽しませてくれた。

 このゾーンはほのぼの系で、時間が止まってしまったかのようだ。三次市のゆるキャラ、きりこちゃんも往年の名車に熱い視線を送っていた。古いクルマを知らない世代や子どもたちが、クルマに興味を持つきっかけになるには、この手のイベントは不可欠だ。

新旧コスモに連なって高速周回路を走るパレードラン。走路奥に見られるパレードランを待つ数多くのマツダ車たちなど【写真45枚】

【3】【4】【5】【6】に続く