『直感、サバンナ。』のキャッチフレーズが気に入りました。オーナーが40年間持ち続けているワンオーナー車|1975年式 マツダ サバンナ AP GT Vol.3

 1968年7月にファミリアロータリークーペ、1969年10月にルーチェロータリークーペ、1970年5月にカペラ ロータリーセダン&クーペ、そして5番目のRE搭載車種として71年9月にデビューしたのが、サバンナだ。

【1975年式 マツダ サバンナ AP GT Vol.3】

【2】から続く

 サバンナの中でも、今回の取材車両は1975年9月に初度登録されたサバンナAP GTとなる。

 APは、50年排ガス規制に適合したREAPS4の12A型エンジンを搭載している。

左からサイドブレーキ・ウオーニング/水温計、電流計/燃料計、時計の順となるコンソール中央の3連メーターなど【写真28枚】

 オーナーが40年間持ち続けているワンオーナー車で、ボディのレストアやエンジンオーバーホールもしていない、実走9万3000kmの極めてオリジナル度の高い個体だ。

「私は『直感、サバンナ。』のキャッチフレーズが気に入りました。最初は前期マスクでブラックのGTが欲しかったのですが、京滋マツダに買いに行ったら、マイナーチェンジ後のモデルしかありませんでした。当時、AP車のため、自動車税が15%ほど安かったのを覚えています」

 オーナーは輸入、国産のスポーツカーをはじめ、今も十数台の4輪車と多数の2輪車を所有。しかしサバンナへの愛情は別格で、特別な配慮を持って維持してきている。

「雨の日はできるだけ乗らず、ワイパーもフロントガラスにキズが付くので、極力使わない。1週間に1回は必ずワックスがけをするなど、とても大事にしながら乗ってきました。ただしAP車はエンジンをふかした後でアフターバーンが発生しやすいのが難点です」

 車検整備も含めて、すべて自分でメンテナンスしていて、純正エアコンも取り付けたとか。サバンナと向き合ってきた時間は、決して他人が割って入ることができない価値あるものなのだ。

OWNERS VOICE

「タイヤ交換時には、パンタジャッキをかける場所にキズが付くのがいやなので、必ずダンボールを当てて作業します」とオーナー。その徹底ぶりは半端ない。

BACK GROUND/新しいパワーユニットに、ふさわしいネーミング

 アフリカの大草原に由来する「サバンナ」のネーミング。自由奔放に疾走する猛獣の野性美を、全身にロータリーパワーを秘めた、新しいロータリー専用車に生かした、と当時、東洋工業が発行した「サバンナの企画書」という資料の中に書いてあった。また、最初の蒸気船、最初の原子力商船がともに「SAVANNA号」を名乗っていて、新しいパワーユニットの利用とともに使われたネーミングだった。それは新しいロータリーエンジン専用車にふさわしいということで採用された、と記してある。当時のマツダの開発エンジニアや商品企画の担当者たちは、新型車サバンナに明るい未来を見いだしていたに違いない。クルマとは本来、皆を幸せにするための商品なのだ。

1975年式 マツダ・サバンナAP GT(S124AB)

SPECIFICATION 諸元

全長 4075mm

全幅 1595mm

全高 1355mm

ホイールベース 2310mm

トレッド前/後 1310/1300mm

最低地上高 160mm

車両重量 935kg

乗車定員 5名

最高速度 190km/h

登坂能力(tanθ) 0.72

最小回転半径 4.3m

エンジン型式 12A型

エンジン種類 水冷2ローター・ロータリー

総排気量 573cc×2

最高出力 125ps/7000rpm

最大トルク 16.2kg-m/4000rpm

変速機前進 5段/後退1段

変速比 1速 3.683/2速 2.263/3速 1.397/4速 1.000/5速 0.862/後退 3.692

最終減速比 3.727

燃料タンク容量 60L

サスペンション前/後 ストラット式独立懸架/車軸式

ブレーキ前/後 ディスク/リーディング&トレーリング

タイヤ前後とも Z70-13-4PR

発売当時価格 106.4万円

【1】【2】から続く