小鳥に贈る!『刀剣乱舞』日本酒刀剣男士シリーズ第13弾は山鳥毛

元禄元年(1688年)創業の蔵元である室町酒造は、ウララキューブとの共同開発で、人気PCブラウザ&スマホアプリゲーム『刀剣乱舞−ONLINE−』の日本酒刀剣男士シリーズ第13弾『日本酒刀剣男士 山鳥毛』を発売する。

『刀剣乱舞−ONLINE−』は、歴史に名だたる刀剣が戦士の姿となった ”刀剣男士” (とうけんだんし)と共に、歴史改変を目論む敵と戦う刀剣育成シミュレーションゲーム。始まりの五振りをはじめ、八つの刀種・八十振り以上の刀剣男士を収集・強化、部隊を編制し、八つの時代に出陣する。

2015年にリリースされて以降話題を集め、その後はスマホゲーム、アニメ、ミュージカル、舞台、映画など様々な展開にも人気が集まるコンテンツとなっており、2021年1月で6周年を迎えた。

刀工縁の地で醸造される「日本酒刀剣男士」シリーズ第13弾の本酒は、福岡一文字派が活躍した備前の地で300年以上酒造りを続ける蔵元による【刀剣男士 山鳥毛のオリジナルブレンド】で、岡山産の幻の酒米「雄町米」の旨味と「アケボノ」のスッキリとした味わいが程よく調和した辛口のお酒。

化粧箱は刀の斬撃を表現した形状の合わせ箱で、ボトルは銀色のグラデーション塗装を施し、全体的に戦闘服を模した統一感のあるデザインに仕上げられている。

購入特典付の本品は、2021年11月4日(木)正午より専用販売サイトにて数量限定4000本で販売開始だ。

>>>化粧箱やボトルデザイン、特典を見る(写真6点)

※お酒は20歳を過ぎてから。

(C)2015 EXNOA LLC/Nitroplus