乃木坂46山崎怜奈も悩む“差し入れ”“手土産”事情…みんなのオススメは?
乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。10月27日(水)の放送では、みんなの「差し入れ事情」をシェアしました。

パーソナリティの山崎怜奈

世の中をザワザワさせている“ザワニュー”のなかから、気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日の議題は“ダレハナ的差し入れマニュアル!”。前の週に、ゲストに登場した秋元康さんから「DooWop-CHICKEN BURGER-」のチキンバーガーの差し入れがあり、大喜びのれなちでしたが、差し入れはセレクトや渡すタイミングなど、いろいろと難しいもの。れなちもしょっちゅう迷うそうで、今回は差し入れ上手になるべく、みんなの差し入れにまつわるエピソードを教えてもらうことに。

リスナーからは「社内向けにはたくさんの人に配らなくてはいけない。さらにはご時世的にも差し入れは小分け包装のものにしている」「以前、バイト先に揚げまんじゅうを差し入れたら、店長やパートさんに喜んでもらえた」「仲のいい先輩への手土産でウケたのは“張り込みセット”ことアンパンと牛乳」。

さらには、「近年、オシャレなスイーツが多く迷ってしまうが、最終的には出身地である岩手県の銘菓『かもめの玉子』が多い。季節ごとに味のバリエーションがあり、小ぶりなサイズもあって便利」など、おすすめの逸品情報が続々と到着。

一方で、「ものよりも差し入れる日時にこだわる。ベストは金曜日の夕方。そこで高級菓子を差し入れるとみんな家に持ち帰り、家族の方にも喜ばれる」「注意すべきは相手が差し入れを食べるタイミングの見極め。会社員は受け取ってもすぐには食べられないことが多いので、匂いが強いものや常温保管に条件があるもの、日持ちしないものは渡さない」といった差し入れの流儀も。

なかでも「ただ渡すだけの場合は『ほんの気持ちですが……』、家にお邪魔するときは『これ、一緒に食べたくて……』と言う」との意見に、れなちは「素敵! 添える言葉も大事ですよね」と感心しきり。

また、「手土産のおすすめは『ビスキュイテリエ ブルトンヌ』のクッキーアソルティ缶。自分で食べてもおいしくて感動した。缶もかわいい」という意見があったかと思えば、「差し入れに関して、クッキーはやめてほしい。なぜなら口のなかの水分を全部持っていかれるから。常にお茶を持っているわけではないので」というリスナーも。

さらには、「週末に娘の3歳の七五三があり、義理の母から私と娘のヘアメイクをしてくれる美容師さんにお心付けをするようにとの連絡が。どれぐらい、なにをすればいいのか悩み中」というメッセージが。すると、経験者の方々から「基本はお金。ただ、直接聞けるなら美容師さんに聞いてみるのもアリ」「お心付けはいつもポチ袋に5,000円~1万円入れて渡している」など、たくさんのアドバイスが届きました。

この日もたくさんのメッセージが寄せられ、れなちは差し入れの大切さを再確認。そして、差し入れの際のマナーや添える言葉、しきたりなどは、知らないことを恥じるのではなく「知ろうとしないことに恥じるべき」と言います。

そして、「知らないことにコンプレックスを感じるのではなく、教えてもらう、覚えにいこうという姿勢が大事だし、あとは他人に対しては教えてあげる、そういうやさしい世界が広がっていったらいいな」と差し入れを通して語るれなちでした。

<番組概要>

番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。

放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55

パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)

番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/