ペイント類のみのレプリカに非ず。ホイールのワンオフにも挑戦|1967年式 トヨタ 2000 GT Vol.4

前期233台、後期118台。合計351台しか生産されなかったトヨタ2000GT。最近は市場価格も高騰しており、モディファイなどを施すことなく、オリジナルのままをキープしようとするオーナーが圧倒的に多いのがトヨタ2000GTだ。だがそんな貴重なモデルをベースに、歴史的ストーリーの復活を目論むべく、大胆なまでに手を加えた驚愕の1台が出現した。「夢のクルマ」がアメリカで見た壮大な夢のかけらを、今、この日本で再現してくれることに感謝しつつ、その全貌を追ってみたい。

【1967年式 トヨタ 2000 GT Vol.4】

【3】から続く

 ブレーキに関しても、純正のマスターバックとシングルタイプのマスターシリンダーのままでは心細いことから、タンデムタイプへの交換、小型のマスターバックをバッテリー位置上部に新設する裏技を投入している。

高級感あふれる純正のテイストを尊重し、カーナビを付ける以外手を加えていないインパネまわりなど【写真41枚】

 また、興味をそそられたのが、フロントアンダーパネルの改造だ。純正では水の侵入を防ぐと同時に、エンジンルーム内の熱気を吸い出すことを前提としている形状なのだが、AIさんはとにかく外気を導入して冷やすことを第一にするため、ルーバーの向きを逆にしたパネルを製作している。ワンオフの3層ラジエーター、電動ファン、純正にはないリザーバータンクの増設、オイルクーラーの経路変更などの冷却対策との併用もあり、現状では効果アリとの判断を下している。

 ラッピングによるレーシングカラーと並ぶ外装のハイライトは、ホイールだ。ディスクデザインこそ純正マグネシムホイールと同様であるものの、幅を約0.5インチ広げて作ったアルミのワンオフ品にバージョンアップされている。同時にホイールを固定する大型ノックオフもワンオフ製作し、これで足元のレーシングムードも万全に。

「今のところ、エンジンは調子がいいので、触る予定はないです。外装ではレーシングモデルと同じ大型のフューエルキャップをつけたいですね」とAIさん。トヨタ2000GTを愛するが故のSCCAレプリカ。オーナーのアイデアと行動力に感動だ! 

1967年式 トヨタ2000GT(MF10)

SPECIFICATIONS 諸元

●エクステリア:シェルビーアメリカンカラー(ラッピング)、フロントT字グリル&バンパーレス、ワンオフフロントアンダーパネル、フォグランプカバー&ウインカーレンズフィルム貼り、前期ルック後期ミラー、リアオーバーライダーレス

●エンジン:7M型3Lブロック+3M型ツインカムヘッド&インテークマニホールド

●点火系:永井電子機器イグニッションコイル/MDIユニット

●吸排気系:ミクニソレックス44PHH×3、クライスジークワンオフ6-2-2ステンレスタコ足&メガホンマフラー

●冷却系:ワンオフ3層ラジエーター、リザーバータンク追加、6枚羽根電動ファン、オイルクーラー交換&ライン引き直し

●駆動系:後期用5速ミッション載せ換え、OS技研製強化クラッチ&スーパーロックLSD

●サスペンション:ワンオフビルシュタイン車高調

●ブレーキ: (F)マツダRX-8用ローター/キャリパー/マスターバック/タンデムシリンダー

●インテリア:シンプソン4点式ハーネス、4点式ハーネス固定用バー

●タイヤ:ブリヂストンレグノGR9000 185/65R15

●ホイール:純正マグネシウム風ワンオフ15×6J、ワンオフシェルビーアメリカン風ノックオフスピンナー

【5】に続く