“バブリーダンス”で一世を風靡、女優・伊原六花が「BTS踊ってみた」に挑戦

伊原六花が10月28日(木)20時より、自身の公式YouTubeチャンネル『伊原六花のSTEP&GO』にて、「【念願】踊ってみた企画!第一弾【BLACKPINK/LOVESICK GIRLS】」を公開する。

【関連写真】グッと大人っぽさを増した伊原六花、グラビアカット

伊原六花は、2017年に行われた「日本高校ダンス部選手権」にて“バブリーダンス”で話題になった大阪府立登美丘高校ダンス部のキャプテンとして注目を集め、高校卒業後の2018年より本格的に芸能活動を開始。ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』ではジュリエット役に抜擢されるほか、先日幕を降ろした舞台『友達』へ出演。さらにバラエティ番組・ドラマへの出演や、写真集、カレンダーの発売など、多岐にわたり活躍する注目度の高い若手女優だ。

 

伊原は、「皆さんからのコメントでBTSさんの楽曲が多かったのと、今まで男性アーティストの振り付けを踊ることがなかったので、私自身、少し挑戦の意味も込めて今回、BTSの『Permission to Dance』を選びました」と、今回の選曲理由を挙げ、「BTSさんの中でもポップな楽曲なので、自由に楽しく踊っています!」とコメントしている。

 

本動画では、「踊ってみた」第一弾で披露したお腹がチラリと見える女性らしくクールなファッションとは打って変わって、オーバーサイズの白のトップスにデニム姿でカジュアルに登場した伊原が、笑顔いっぱいにフルサイズで軽快なダンスを披露。バブリーダンスを彷彿とさせる伊原のキレの良いダンスや時折見せるオリジナルのアレンジが楽しめる。

【合わせて読む】“バブリーダンス”で一世を風靡、女優・伊原六花が高校卒業以来の本気ダンスを披露