5番目のRE搭載車種としてデビューしたサバンナ。72年、12A搭載。硬派のGT登場|1975年式 マツダ サバンナ AP GT Vol.1

【1975年式 マツダ サバンナ AP GT Vol.1】

 1967年5月、コスモスポーツ発売。

 社運をかけて開発した、ロータリーエンジン(以下RE)搭載車の市販化を実現した東洋工業(現・マツダ)は、レシプロエンジンとは異質の、胸がすくような回転フィーリングが楽しめるRE搭載車の普及を一気に進めるため、この後、毎年のようにREのラインナップを増やしていった。

マイナーチェンジごとに変化していった各部のパーツ形状やエンブレムの位置など【写真28枚】

 1968年7月にファミリアロータリークーペ、1969年10月にルーチェロータリークーペ、1970年5月にカペラ ロータリーセダン&クーペ、そして5番目のRE搭載車種として71年9月にデビューしたのが、サバンナだった。

 コスモスポーツ、ルーチェロータリークーペに次ぐ3番目のロータリー専用車として開発されたサバンナは、491cc×2ローターロータリーの10A型エンジンを搭載。クーペと4ドアセダンの2つのボディが用意された。ちなみにコスモスポーツと同じエンジン型式の10A型が搭載されているが、サバンナのそれは量産仕様であり、素材や中身は別物と言っていいほど違うものとなっていた。

 そして、1972年9月、12A型エンジン搭載のGTが追加された。

1975年式 マツダ・サバンナAP GT(S124AB)

SPECIFICATION 諸元

全長 4075mm

全幅 1595mm

全高 1355mm

ホイールベース 2310mm

トレッド前/後 1310/1300mm

最低地上高 160mm

車両重量 935kg

乗車定員 5名

最高速度 190km/h

登坂能力(tanθ) 0.72

最小回転半径 4.3m

エンジン型式 12A型

エンジン種類 水冷2ローター・ロータリー

総排気量 573cc×2

最高出力 125ps/7000rpm

最大トルク 16.2kg-m/4000rpm

変速機前進 5段/後退1段

変速比 1速 3.683/2速 2.263/3速 1.397/4速 1.000/5速 0.862/後退 3.692

最終減速比 3.727

燃料タンク容量 60L

サスペンション前/後 ストラット式独立懸架/車軸式

ブレーキ前/後 ディスク/リーディング&トレーリング

タイヤ前後とも Z70-13-4PR

発売当時価格 106.4万円

【2】【3】に続く